Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

26.6.5.2. nftables で名前付きセットの使用

nftables フレームワークは、変更可能な名前付きセットに対応します。名前付きセットは、テーブル内の複数のルールで使用できる要素の一覧または範囲です。匿名セットに対する別の利点として、セットを使用するルールを置き換えることなく、名前付きセットを更新できます。

名前付きセットを作成する場合は、セットに含まれる要素のタイプを指定する必要があります。以下のタイプを設定できます。

  • 192.0.2.1192.0.2.0/24 など、IPv4 アドレスまたは範囲を含むセットの場合は ipv4_addr
  • 2001:db8:1::12001:db8:1::1/64 など、IPv6 アドレスまたは範囲を含むセットの場合は ipv6_addr
  • 52:54:00:6b:66:42 など、メディアアクセス制御 (MAC) アドレスの一覧を含むセットの場合は ether_addr
  • tcp など、インターネットプロトコルタイプの一覧が含まれるセットの場合は inet_proto
  • ssh など、インターネットサービスの一覧を含むセットの場合は inet_service
  • パケットマークの一覧を含むセットの場合は mark。パケットマークは、任意の正の 32 ビットの整数値 (0 ~ 2147483647) にできます。

前提条件

  • example_chain チェーンと example_table テーブルが存在する。

手順

  1. 空のファイルを作成します。以下の例では、IPv4 アドレスのセットを作成します。

    • 複数の IPv4 アドレスを格納することができるセットを作成するには、次のコマンドを実行します。

      # nft add set inet example_table example_set { type ipv4_addr \; }
    • IPv4 アドレス範囲を保存できるセットを作成するには、次のコマンドを実行します。

      # nft add set inet example_table example_set { type ipv4_addr \; flags interval \; }
    重要

    シェルで、セミコロンがコマンドの最後として解釈されないようにするには、セミコロンをバックスラッシュでエスケープする必要があります。

  2. 必要に応じて、セットを使用するルールを作成します。たとえば、次のコマンドは、example_set の IPv4 アドレスからのパケットをすべて破棄するルールを、example_tableexample_chain に追加します。

    # nft add rule inet example_table example_chain ip saddr @example_set drop

    example_set が空のままなので、ルールには現在影響がありません。

  3. IPv4 アドレスを example_set に追加します。

    • 個々の IPv4 アドレスを保存するセットを作成する場合は、次のコマンドを実行します。

      # nft add element inet example_table example_set { 192.0.2.1, 192.0.2.2 }
    • IPv4 範囲を保存するセットを作成する場合は、次のコマンドを実行します。

      # nft add element inet example_table example_set { 192.0.2.0-192.0.2.255 }

      IP アドレス範囲を指定する場合は、上記の例の 192.0.2.0/24 のように、CIDR (Classless Inter-Domain Routing) 表記を使用することもできます。