Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.2.22. url

キックスタートコマンドの url は任意です。これは、FTP、HTTP、または HTTPS プロトコルを使用して、リモートサーバーのインストールツリーイメージからインストールするのに使用されます。URL は 1 つだけ指定できます。

構文

url --url=FROM [OPTIONS]

必須オプション

  • --url=FROM - インストール元となる HTTPHTTPSFTP、または ファイル の場所を指定します。

任意のオプション

  • --mirrorlist= - インストール元となるミラー URL を指定します。
  • --proxy= - インストール時に使用する HTTPHTTPS、または FTP プロキシーを指定します。
  • --noverifyssl - HTTPS サーバーへの接続時に SSL 検証を無効にします。
  • --metalink=URL - インストール元となるメタリンク URL を指定します。変数の置換は、URL$releasever および $basearch で行います。

  • HTTP サーバーからインストールするには、以下を行います。

    url --url=http://server/path
  • FTP サーバーからインストールするには、以下を行います。

    url --url=ftp://username:password@server/path
  • ローカルファイルからインストールするには、以下を行います。

    liveimg --url=file:///images/install/squashfs.img --noverifyssl

備考

  • url コマンドは、以前は install コマンドとともに使用する必要がありました。install コマンドが非推奨になり、(install が暗黙的に使用されるようになったため) url は独立して使用できるようになりました。
  • 実際にインストールを実行するには、cdromharddrivehmcnfsliveimg、または url のいずれかを指定する必要があります。