Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.2.9.2. VDO でのシンプロビジョニング

VDO は、シンプロビジョニングされたブロックストレージターゲットです。VDO ボリュームが使用する物理領域のサイズは、ストレージのユーザーに示されるボリュームのサイズとは異なる可能性があります。この相違を活用して、ストレージのコストを削減できます。

容量不足の条件

書き込んだデータが、予想される最適化率に到達できない場合は、ストレージ領域が予想外に不足しないように注意してください。

論理ブロック (仮想ストレージ) の数が物理ブロック (実際のストレージ) の数を超えると、ファイルシステムおよびアプリケーションで領域が予想外に不足する可能性があります。このため、VDO を使用するストレージシステムは、VDO ボリュームの空きプールのサイズを監視する方法で提供する必要があります。

vdostats ユーティリティを使用すると、この空きプールのサイズを確認できます。このユーティリティーのデフォルト出力には、Linux の df ユーティリティーと同様の形式で稼働しているすべての VDO ボリュームの情報が記載されます。以下に例を示します。

Device                1K-blocks   Used        Available   Use%
/dev/mapper/vdo-name  211812352   105906176   105906176   50%

VDO ボリュームの物理ストレージ領域が不足しそうになると、VDO は、システムログに、以下のような警告を出力します。

Oct  2 17:13:39 system lvm[13863]: Monitoring VDO pool vdo-name.
Oct  2 17:27:39 system lvm[13863]: WARNING: VDO pool vdo-name is now 80.69% full.
Oct  2 17:28:19 system lvm[13863]: WARNING: VDO pool vdo-name is now 85.25% full.
Oct  2 17:29:39 system lvm[13863]: WARNING: VDO pool vdo-name is now 90.64% full.
Oct  2 17:30:29 system lvm[13863]: WARNING: VDO pool vdo-name is now 96.07% full.
注記

この警告メッセージは、lvm2-monitor サービスが実行している場合に限り表示されます。これは、デフォルトで有効になっています。

容量不足の状況を防ぐ方法

空きプールのサイズが特定のレベルを下回る場合は、以下を行うことができます。

  • データの削除。これにより、削除したデータが重複していないと、領域が回収されます。データを削除しても、破棄が行われないと領域を解放しません。
  • 物理ストレージの追加
重要

VDO ボリュームで物理領域を監視し、領域不足を回避します。物理ブロックが不足すると、VDO ボリュームに最近書き込まれたデータや、未承認のデータが失われることがあります。

シンプロビジョニング、TRIM コマンド、および DISCARD コマンド

シンプロビジョニングによるストレージの削減から利益を得るには、データを削除するタイミングを物理ストレージ層が把握する必要があります。シンプロビジョニングされたストレージで動作するファイルシステムは、TRIM コマンドまたは DISCARD コマンドを送信して、論理ブロックが不要になったときにストレージシステムに通知します。

TRIM コマンドまたは DISCARD コマンドを送信する方法はいくつかあります。

  • discard マウントオプションを使用すると、ブロックが削除されるたびに、ファイルシステムがそのコマンドを送信できます。
  • fstrim などのユーティリティーを使用すると、制御された方法でコマンドを送信できます。このようなユーティリティーは、どの論理ブロックが使用されていないかを検出し、TRIM コマンドまたは DISCARD コマンドの形式でストレージシステムに情報を送信するようにファイルシステムに指示します。

未使用のブロックで TRIM または DISCARD を使用する必要は、VDO に特有のものではありません。シンプロビジョニングしたストレージシステムでも、同じ課題があります。