Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

25.2. 複数のインターフェースで同じ IP アドレスを一時的に再利用

本セクションの手順では、VRF (Virtual Routing and Forwarding) 機能を使用して、1 台のサーバーの複数のインターフェースで同じ IP アドレスを一時的に使用する方法を説明します。この手順は、システムの再起動後に設定が一時的で失われてしまうため、テスト目的にのみ使用します。

重要

同じ IP アドレスを再利用しながら、リモートのピアが VRF インターフェースの両方に接続するようにするには、ネットワークインターフェースが異なるブロードキャストドメインに属する必要があります。ネットワークのブロードキャストドメインは、ノードのいずれかによって送信されたブロードキャストトラフィックを受信するノードセットです。ほとんどの設定では、同じスイッチに接続されているすべてのノードが、同じブロードキャストドメインに属するようになります。

前提条件

  • root ユーザーとしてログインしている。
  • ネットワークインターフェースが設定されていない。

手順

  1. 最初の VRF デバイスを作成して設定します。

    1. VRF デバイスを作成し、ルーティングテーブルに割り当てます。たとえば、1001 ルーティングテーブルに割り当てられた blue という名前の VRF デバイスを作成するには、次のコマンドを実行します。

      # ip link add dev blue type vrf table 1001
    2. blue デバイスを有効にします。

      # ip link set dev blue up
    3. VRF デバイスにネットワークデバイスを割り当てます。たとえば、イーサネットデバイス enp1s0 を、VRF デバイス blue に追加するには、次のコマンドを実行します。

      # ip link set dev enp1s0 master blue
    4. enp1s0 デバイスを有効にします。

      # ip link set dev enp1s0 up
    5. IP アドレスとサブネットマスクを enp1s0 デバイスに割り当てます。たとえば、これを 192.0.2.1/24 に設定するには、次のコマンドを実行します。

      # ip addr add dev enp1s0 192.0.2.1/24
  2. 次の VRF デバイスを作成して設定します。

    1. VRF デバイスを作成し、ルーティングテーブルに割り当てます。たとえば、ルーティングテーブル 1002 に割り当てられた red という名前の VRF デバイスを作成するには、次のコマンドを実行します。

      # ip link add dev red type vrf table 1002
    2. red デバイスを有効にします。

      # ip link set dev red up
    3. VRF デバイスにネットワークデバイスを割り当てます。たとえば、イーサネットデバイス enp7s0 を、VRF デバイス red に追加するには、次のコマンドを実行します。

      # ip link set dev enp7s0 master red
    4. enp7s0 デバイスを有効にします。

      # ip link set dev enp7s0 up
    5. VRF ドメイン blueenp1s0 に使用したものと同じ IP アドレスとサブネットマスクを enp7s0 デバイスに割り当てます。

      # ip addr add dev enp7s0 192.0.2.1/24
  3. 必要に応じて、上記のとおりに、VRF デバイスをさらに作成します。