Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.3.14. syspurpose

キックスタートコマンドの syspurpose は任意です。インストール後にシステムがどのように使用されるかを説明するシステムの目的を設定します。この情報により、適切なサブスクリプションエンタイトルメントがシステムに適用されます。

構文

syspurpose [OPTIONS]

オプション

  • --role= - 希望するシステムロールを設定します。利用できる値は次のとおりです。

    • Red Hat Enterprise Linux Server
    • Red Hat Enterprise Linux Workstation
    • Red Hat Enterprise Linux Compute Node
  • --sla= - サービスレベルアグリーメントを設定します。利用できる値は次のとおりです。

    • Premium
    • Standard
    • Self-Support
  • --usage= - システムの使用方法。利用できる値は次のとおりです。

    • Production
    • Disaster Recovery
    • Development/Test
  • --addon= - のレイヤード製品または機能を指定します。このオプションは複数回使用できます。

備考

  • スペースで値を入力し、二重引用符で囲みます。

    syspurpose --role="Red Hat Enterprise Linux Server"
  • システムの目的を設定することが強く推奨されますが、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは任意の機能です。インストールが完了してからシステムの目的を有効にする場合は、コマンドラインツールの syspurpose を使用できます。