Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.2.2. VDO ボリュームの開始または停止

指定した VDO ボリューム、またはすべての VDO ボリューム、および関連の UDS インデックスを起動または停止できます。

36.2.2.1. 起動して有効にした VDO ボリューム

システムの起動時に、vdo systemd ユニットは、有効 に設定されている VDO デバイスをすべて自動的に 起動 します。

vdo パッケージをインストールすると、vdo systemd ユニットがインストールされ、デフォルトで有効になっています。このユニットは、システム起動時に vdo start --all コマンドを自動的に実行して、有効になっている VDO ボリュームをすべて起動します。

--activate=disabled オプションを vdo create コマンドに指定することで、自動的に起動しない VDO ボリュームを作成できます。

開始順序

システムによっては、LVM ボリュームを、VDO ボリュームの上または下の両方に配置できるものがあります。このようなシステムでは、適切な順序でサービスを開始する必要があります。

  1. 下層の LVM を最初に起動する必要があります。大概のシステムでは、LVM パッケージがインストールされていれば、この層が起動するように自動的に設定されます。
  2. 次に、vdo systemd ユニットを起動する必要があります。
  3. 最後に、稼働している VDO の上にある LVM ボリュームやその他のサービスを実行するために、その他のスクリプトを実行する必要があります。

ボリュームの停止にかかる時間

VDO ボリュームの停止にかかる時間は、ストレージデバイスの速度と、ボリュームへの書き込みが必要なデータ量により異なります。

  • ボリュームは、UDS インデックスの 1GiB ごとに、約 1 GiB のデータを常に書き込みます。
  • ボリュームはブロックマップキャッシュのサイズと、スラブごとに最大 8MiB のデータ量を書き込みます。
  • ボリュームは、未処理のすべての IO 要求の処理を終了する必要があります。