Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.2.20. sshpw

キックスタートコマンドの sshpw は任意です。

インストール中に、SSH 接続によりインストールプログラムと対話操作を行い、その進捗状況を監視できます。sshpw コマンドを使用して、ログオンに使用する一時的なアカウントを作成します。コマンドの各インスタンスにより、インストール環境でしか存在しない個別アカウントが作成されます。ここで作成されたアカウントは、インストールが完了したシステムには転送されません。

構文

sshpw --username=name [OPTIONS] password

必須オプション

  • --username=name - ユーザー名を入力します。このオプションは必須です。
  • password - このユーザーに使用するパスワードです。このオプションは必須です。

任意のオプション

  • --iscrypted - このオプションを追加すると、パスワード引数は既に暗号化済みと仮定されます。--plaintext と相互排他的になります。暗号化したパスワードを作成する場合は Python を使用します。

    $ python3 -c 'import crypt,getpass;pw=getpass.getpass();print(crypt.crypt(pw) if (pw==getpass.getpass("Confirm: ")) else exit())'

    上記の例では、ランダムの salt を使用して、パスワードの sha512 暗号と互換性があるハッシュが生成されます。

  • --plaintext - このオプションを使用すると、パスワードの引数はプレーンテキストであると仮定されます。--iscrypted と相互排他的になります。
  • --lock - このオプションを指定すると、このアカウントはデフォルトでロックされます。つまり、ユーザーはコンソールからログインできなくなります。
  • --sshkey - このオプションを指定すると、<password> 文字列が ssh 鍵の値として解釈されます。

備考

  • デフォルトでは、ssh サーバーは、インストール時に起動しません。インストール時に ssh を使用できるようにするには、カーネル起動オプション inst.sshd を使用してシステムを起動します。
  • インストール中、別のユーザーの ssh アクセスを許可する一方で、root の ssh アクセスを無効にする場合は、次のコマンドを実行します。

    sshpw --username=example_username example_password --plaintext
    sshpw --username=root example_password --lock
  • 単に root の ssh アクセスを無効にするには、以下のコマンドを使用します。

    sshpw --username=root example_password --lock