Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

41.3.3. 仮想化環境で誤ったソフトロックアップ

「ソフトロックアップとは」 で説明されているように、物理ホストでソフトロックアップの発生は、通常カーネルまたはハードウェアのバグを表します。仮想化環境のゲストオペレーティングシステムで同じ現象が発生すると、誤った警告が表示される場合があります。

ホストの負荷が重い場合や、メモリーなどの特定リソースに対する競合が多い場合は、通常、ソフトロックアップが誤って発生します。これは、ホストが 20 秒よりも長い期間、ゲストの CPU をスケジュールすることが原因となる場合があります。その後、再度、ホストで実行するようにゲスト CPU がスケジュールされると、タイマーにより発生する 時間ジャンプ が発生します。タイマーには、ウォッチドッグの hrtimer も含まれます。これにより、ゲスト CPU のソフトロックアップを報告できます。

仮想化環境でのソフトロックアップは誤りである可能性があるため、ゲスト CPU でソフトロックアップが報告されたときにシステムパニックを発生させるカーネルパラメーターは有効にしないでください。

重要

ゲストのソフトロックアップについて理解するには、ホストがゲストをタスクとしてスケジュールしてから、ゲストが独自のタスクをスケジュールしていることを理解することが重要になります。

関連情報