Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

34.10. root ファイルシステムに対する読み取り専用パーミッションの設定

場合によっては、root ファイルシステム (/) を読み取り専用パーミッションでマウントする必要があります。ユースケースの例には、システムの予期せぬ電源切断後に行うセキュリティーの向上またはデータ整合性の保持が含まれます。

34.10.1. 書き込みパーミッションを保持するファイルおよびディレクトリー

システムが正しく機能するためには、一部のファイルやディレクトリーで書き込みパーミッションが必要とされます。root ファイルシステムが読み取り専用モードでマウントされると、このようなファイルは、tmpfs 一時ファイルシステムを使用して RAM にマウントされます。

そのようなファイルとディレクトリーのデフォルトセットは、/etc/rwtab ファイルから読み取り、以下のような内容になっています。

dirs	/var/cache/man
dirs	/var/gdm
<content truncated>

empty	/tmp
empty	/var/cache/foomatic
<content truncated>

files	/etc/adjtime
files	/etc/ntp.conf
<content truncated>

/etc/rwtab ファイルのエントリーは、以下の形式に従います。

copy-method    path

この構文で、以下のことを行います。

  • copy-method を、ファイルまたはディレクトリーを tmpfs にコピーする方法を指定するキーワードの 1 つに置き換えます。
  • path を、ファイルまたはディレクトリーへのパスに置き換えます。

/etc/rwtab ファイルは、ファイルまたはディレクトリーを tmpfs にコピーする方法として以下を認識します。

empty

空のパスが tmpfs にコピーされます。以下に例を示します。

empty /tmp
dirs

ディレクトリーツリーが空の状態で tmpfs にコピーされます。以下に例を示します。

dirs /var/run
files

ファイルやディレクトリーツリーはそのまま tmpfs にコピーされます。以下に例を示します。

files /etc/resolv.conf

カスタムパスを /etc/rwtab.d/ に追加する場合も同じ形式が適用されます。