Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.2.4. VDO 書き込みモードの選択

基となるブロックデバイスでの要件に応じて、VDO ボリュームに書き込みモードを設定できます。デフォルトでは、VDO は書き込みモードを自動的に選択します。

36.2.4.1. VDO 書き込みモード

VDO は、以下の書き込みモードに対応します。

sync

VDO が sync モードの場合、その上の層は、書き込みコマンドがデータを永続ストレージに書き込むことを想定します。したがって、このモードは、ファイルシステムやアプリケーションには必要ありません。FLUSH リクエストまたは FUA (強制ユニットアクセス) リクエストを発行すると、データは、重要な点で持続します。

VDO は、書き込みコマンドが完了したときに、基となるストレージが、データが永続ストレージに書き込まれることを保証する場合に限り、sync モードに設定する必要があります。つまり、ストレージには揮発性の書き込みキャッシュがないか、またはライトスルーキャッシュが存在する必要があります。

async

VDO が async モードの場合は、書き込みコマンドが承認されたときに、データが永続ストレージに書き込まれることを VDO が保証しません。ファイルシステムまたはアプリケーションは、各トランザクションの重要な点でデータの永続性を保証するために、FLUSH リクエストまたは FUA リクエストを発行する必要があります。

書き込みコマンドが完了したときに、基となるストレージが永続ストレージに対するデータの書き込みを保証しない場合は、VDO を async モードに設定する必要があります。これは、ストレージに揮発性のあるライトバックキャッシュがある場合です。

async-unsafe

このモードには、async と同じプロパティーがありますが、ACID (Atomicity, Consistency, Isolation, Durability) に準拠していません。async と比較して、async-unsafe のパフォーマンスは向上します。

警告

VDO ボリュームに関する ACID コンプライアンスを想定するアプリケーションまたはファイルシステムが稼働する場合は、async-unsafe モードにより予想外のデータ損失が生じる可能性があります。

auto
auto モードは、各デバイスの性質に基づいて、sync または async を自動的に選択します。以下はデフォルトのオプションになります。