Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

44.4. コントロールグループバージョン 1 における systemd の役割

Red Hat Enterprise Linux 8 では、cgroup 階層のシステムを systemd ユニットツリーにバインドすることにより、リソース管理設定をプロセスレベルからアプリケーションレベルに移行します。したがって、システムリソースは、systemctl コマンドを使用するか、systemd ユニットファイルを変更して管理できます。

デフォルトでは、systemd システムおよびサービスマネージャーは、スライス ユニット、スコープ ユニット、および サービス ユニットを使用して、コントロールグループ内のプロセスを整理および構造化します。systemctl コマンドを使用すると、カスタムの スライス を作成してこの構造をさらに変更できます。また、systemd は、重要なカーネルリソースコントローラーの階層を /sys/fs/cgroup/ ディレクトリーに自動的にマウントします。

systemd の 3 つのユニットタイプは、リソース制御に使用します。

  • Service - ユニット設定ファイルに従って systemd が起動したプロセスまたはプロセスのグループ。サービスは、指定したプロセスをカプセル化して、1 つのセットとして起動および停止できるようにします。サービスの名前は以下の方法で指定されます。

    <name>.service
  • スコープ - 外部で作成されたプロセスのグループ。スコープは、fork() 関数を介して任意のプロセスで開始および停止されたプロセスをカプセル化し、ランタイム時に systemd で登録します。たとえば、ユーザーセッション、コンテナー、および仮想マシンはスコープとして処理されます。スコープの名前は以下のように指定されます。

    <name>.scope
  • スライス - 階層的に編成されたユニットのグループ。スライスは、スコープおよびサービスを配置する階層を編成します。実際のプロセスはスコープまたはサービスに含まれます。スライスユニットの名前はすべて、階層内の場所へのパスに対応します。ハイフン (「-」) 文字は、-.slice ルートスライスからのスライスへのパスコンポーネントの区切り文字として機能します。以下の例では、下記の点を前提としています。

    <parent-name>.slice

    parent-name.slice は、- .slice ルートスライスのサブスライスである parent .slice の サブスライスです。parent-name.slice には、parent-name-name2.slice という名前の独自のサブスライス を指定できます。

サービススコープスライス ユニットは、コントロールグループ階層のオブジェクトに直接マッピングされます。これらのユニットがアクティブになると、ユニット名から構築されるグループパスを制御するように直接マッピングされます。

以下は、コントロールグループ階層の省略形の例です。

Control group /:
-.slice
├─user.slice
│ ├─user-42.slice
│ │ ├─session-c1.scope
│ │ │ ├─ 967 gdm-session-worker [pam/gdm-launch-environment]
│ │ │ ├─1035 /usr/libexec/gdm-x-session gnome-session --autostart /usr/share/gdm/greeter/autostart
│ │ │ ├─1054 /usr/libexec/Xorg vt1 -displayfd 3 -auth /run/user/42/gdm/Xauthority -background none -noreset -keeptty -verbose 3
│ │ │ ├─1212 /usr/libexec/gnome-session-binary --autostart /usr/share/gdm/greeter/autostart
│ │ │ ├─1369 /usr/bin/gnome-shell
│ │ │ ├─1732 ibus-daemon --xim --panel disable
│ │ │ ├─1752 /usr/libexec/ibus-dconf
│ │ │ ├─1762 /usr/libexec/ibus-x11 --kill-daemon
│ │ │ ├─1912 /usr/libexec/gsd-xsettings
│ │ │ ├─1917 /usr/libexec/gsd-a11y-settings
│ │ │ ├─1920 /usr/libexec/gsd-clipboard
…​
├─init.scope
│ └─1 /usr/lib/systemd/systemd --switched-root --system --deserialize 18
└─system.slice
  ├─rngd.service
  │ └─800 /sbin/rngd -f
  ├─systemd-udevd.service
  │ └─659 /usr/lib/systemd/systemd-udevd
  ├─chronyd.service
  │ └─823 /usr/sbin/chronyd
  ├─auditd.service
  │ ├─761 /sbin/auditd
  │ └─763 /usr/sbin/sedispatch
  ├─accounts-daemon.service
  │ └─876 /usr/libexec/accounts-daemon
  ├─example.service
  │ ├─ 929 /bin/bash /home/jdoe/example.sh
  │ └─4902 sleep 1
  …​

上記の例では、サービスおよびスコープにプロセスが含まれており、独自のプロセスを含まないスライスに置かれていることを示しています。

関連情報

  • systemd、ユニットファイル、および systemd ユニットタイプの完全なリストの詳細は、「 基本的なシステム設定の構成 」の関連のセクションを参照してください。
  • リソースコントローラーの詳細は、「カーネルリソースコントローラーとは」セクションと、man ページの systemd.resource-control(5) および cgroups(7) を参照してください。
  • fork() の詳細は、fork(2) の man ページを参照してください。