Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.2.9. LVM 論理ボリュームの削除

この手順では、コマンドライン LVM インターフェースを使用して、既存の論理ボリュームを削除します。

以下のコマンドは、ボリュームグループ vg-name から、論理ボリューム /dev/vg-name/lv-name を削除します。

手順

  1. 論理ボリュームが現在マウントされている場合は、ボリュームをアンマウントします。
  2. クラスター環境に論理ボリュームが存在する場合は、アクティブになっているすべてのノードで、論理ボリュームを非アクティブにします。アクティブになっている各ノードで、次のコマンドを実行します。

    [root@node-n]# lvchange --activate n vg-name/lv-name
  3. lvremove ユーティリティーを使用して、論理ボリュームを削除します。

    # lvremove /dev/vg-name/lv-name
    Do you really want to remove active logical volume "lv-name"? [y/n]: y
      Logical volume "lv-name" successfully removed
    注記

    この場合は、論理ボリュームが非アクティブになっていません。削除する前に論理ボリュームを明示的に非アクティブにした場合は、アクティブな論理ボリュームを削除するかどうかを確認するプロンプトが表示されません。

関連情報

  • man ページの lvremove(8)