Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

21.3. nmcli でよく使用されるコマンド

頻繁に使用する nmcli コマンドの概要を以下に示します。

  • リスト接続プロファイルを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection show
    NAME    UUID                                  TYPE      DEVICE
    enp1s0  45224a39-606f-4bf7-b3dc-d088236c15ee  ethernet  enp1s0
  • 特定の接続プロファイルの設定を表示するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection show connection_name
    connection.id:             enp1s0
    connection.uuid:           45224a39-606f-4bf7-b3dc-d088236c15ee
    connection.stable-id:      --
    connection.type:           802-3-ethernet
    ...
  • 接続のプロパティーを変更するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection modify connection_name property value

    複数のプロパティー の組み合わせをコマンドに渡すと、1 つのコマンドを使用して複数のプロパティーを変更できます。

  • ネットワークデバイスの一覧、その状態、およびデバイスを使用する接続プロファイルを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli device
    DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION
    enp1s0  ethernet  connected     enp1s0
    enp8s0  ethernet  disconnected  --
    enp7s0  ethernet  unmanaged     --
    ...
  • 接続を有効にするには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection up connection_name
  • 接続を無効にするには、次のコマンドを実行します。

    # nmcli connection down connection_name