Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.6.4. LVM レポート表示への単位の指定

LVM 報告表示用の単位を指定するには、報告コマンドに --units 引数を使用します。バイト (b)、キロバイト (k)、メガバイト (m)、ギガバイト (g)、テラバイト (t)、エクサバイト (e)、ペタバイト (p)、および人間が判読できる表示 (h) を指定できます。デフォルトは人間が判読できる表示です。このデフォルト設定を上書きするには、/etc/lvm/lvm.conf ファイルの global セクションに units パラメーターを設定します。

以下の例では、pvs コマンドの出力をデフォルトのギガバイトでなく、メガバイトで指定しています。

# pvs --units m
  PV         VG     Fmt  Attr PSize     PFree
  /dev/sda1         lvm2 --   17555.40M 17555.40M
  /dev/sdb1  new_vg lvm2 a-   17552.00M 17552.00M
  /dev/sdc1  new_vg lvm2 a-   17552.00M 17500.00M
  /dev/sdd1  new_vg lvm2 a-   17552.00M 17552.00M

デフォルトでは、単位は 2 の累乗 (1024 の倍数) で表示されます。単位を 1000 の倍数で表示するには、大文字 (B、K、M、G、T、H) で単位を指定できます。

以下のコマンドは、1024 の倍数 (デフォルト) で出力を表示します。

# pvs
  PV         VG     Fmt  Attr PSize  PFree
  /dev/sdb1  new_vg lvm2 a-   17.14G 17.14G
  /dev/sdc1  new_vg lvm2 a-   17.14G 17.09G
  /dev/sdd1  new_vg lvm2 a-   17.14G 17.14G

以下のコマンドは、1000 の倍数で出力を表示します。

#  pvs --units G
  PV         VG     Fmt  Attr PSize  PFree
  /dev/sdb1  new_vg lvm2 a-   18.40G 18.40G
  /dev/sdc1  new_vg lvm2 a-   18.40G 18.35G
  /dev/sdd1  new_vg lvm2 a-   18.40G 18.40G

セクター (512 バイトとして定義) またはカスタム単位も指定できます。

以下の例では、pvs コマンドの出力をセクター数として表示しています。

# pvs --units s
  PV         VG     Fmt  Attr PSize     PFree
  /dev/sdb1  new_vg lvm2 a-   35946496S 35946496S
  /dev/sdc1  new_vg lvm2 a-   35946496S 35840000S
  /dev/sdd1  new_vg lvm2 a-   35946496S 35946496S

以下の例では、pvs コマンドの出力を 4 MB 単位で表示しています。

# pvs --units 4m
  PV         VG     Fmt  Attr PSize    PFree
  /dev/sdb1  new_vg lvm2 a-   4388.00U 4388.00U
  /dev/sdc1  new_vg lvm2 a-   4388.00U 4375.00U
  /dev/sdd1  new_vg lvm2 a-   4388.00U 4388.00U