Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.11.4. 欠落しているデバイスを含む論理ボリュームのアクティブ化

lvchange コマンドで、activation_mode パラメーターを以下のいずれかの値に設定することで、デバイスが見つからない論理ボリュームをアクティブにするように設定できます。

アクティベーションモード意味

complete

物理ボリュームが見つからない論理ボリュームのみをアクティベートすることを許可します。これが最も制限的なモードです。

degraded

物理ボリュームが見つからない RAID 論理ボリュームをアクティベートすることを許可します。

partial

物理ボリュームが見つからない論理ボリュームをすべてアクティベートすることを許可します。このオプションは、回復または修復にのみ使用してください。

activation_mode のデフォルト値は、/etc/lvm/lvm.conf ファイルの activation_mode 設定により決まります。詳細情報は、man ページの lvmraid(7) を参照してください。