Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

32.3.6. fdisk でパーティションタイプの設定

この手順では、fdisk ユーティリティーを使用してパーティションタイプまたはフラグを設定する方法を説明します。

前提条件

  • ディスクにパーティションがある。

手順

  1. インタラクティブな fdisk シェルを起動します。

    # fdisk block-device
    • block-device を、パーティションタイプを設定するデバイスへのパスに置き換えます。たとえば、/dev/sda に置き換えます。
  2. 現在のパーティションテーブルを表示して、パーティションのマイナー番号を確認します。

    Command (m for help): print

    現在のパーティションタイプは Type 列で、それに対応するタイプ ID は Id 列で確認できます。

  3. パーティションタイプコマンドを入力し、マイナー番号を使用してパーティションを選択します。

    Command (m for help): type
    Partition number (1,2,3 default 3): 2
  4. 必要に応じて、利用可能な 16 進数コードを一覧表示します。

    Hex code (type L to list all codes): L
  5. パーティションタイプを設定します。

    Hex code (type L to list all codes): 8e
  6. 変更を書き込み、fdisk シェルを終了します。

    Command (m for help): write
    The partition table has been altered.
    Syncing disks.
  7. 変更を確認します。

    # fdisk --list block-device