Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.2.5. 論理ボリュームからのディスクの削除

この手順例では、ディスクを交換するか、または別のボリュームで使用するために、既存の論理ボリュームからディスクを削除する方法を示しています。ディスクを削除する前に、LVM 物理ボリュームのエクステントを、別のディスクまたはディスクセットに移動する必要があります。

68.2.5.1. 既存の物理ボリュームへのエクステントの移動

この例では、論理ボリュームが、ボリュームグループ myvg の 4 つの物理ボリュームに分配されています。

# pvs -o+pv_used
  PV         VG   Fmt  Attr PSize  PFree  Used
  /dev/sda1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G  5.00G
  /dev/sdb1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G  5.00G
  /dev/sdc1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G  5.00G
  /dev/sdd1  myvg lvm2 a-   17.15G  2.15G 15.00G

この例では、物理ボリューム /dev/sdb1 からエクステントを移動して、この物理ボリュームをボリュームグループから削除できるようにします。

  1. ボリュームグループの別の物理ボリュームに空きエクステントが十分にある場合は、他のオプションを使用せずに、削除するデバイスで pvmove コマンドを実行すると、エクステントが他のデバイスに分配されます。

    クラスターで、pvmove コマンドは、1 つのノードで排他的にアクティブになる論理ボリュームだけを移動できます。

    # pvmove /dev/sdb1
      /dev/sdb1: Moved: 2.0%
     ...
      /dev/sdb1: Moved: 79.2%
     ...
      /dev/sdb1: Moved: 100.0%

    pvmove コマンドの実行が終了すると、エクステントの分配は次のようになります。

    # pvs -o+pv_used
      PV         VG   Fmt  Attr PSize  PFree  Used
      /dev/sda1  myvg lvm2 a-   17.15G  7.15G 10.00G
      /dev/sdb1  myvg lvm2 a-   17.15G 17.15G     0
      /dev/sdc1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G  5.00G
      /dev/sdd1  myvg lvm2 a-   17.15G  2.15G 15.00G
  2. vgreduce コマンドを使用して、ボリュームグループから物理ボリューム /dev/sdb1 を削除します。

    # vgreduce myvg /dev/sdb1
      Removed "/dev/sdb1" from volume group "myvg"
    # pvs
      PV         VG   Fmt  Attr PSize  PFree
      /dev/sda1  myvg lvm2 a-   17.15G  7.15G
      /dev/sdb1       lvm2 --   17.15G 17.15G
      /dev/sdc1  myvg lvm2 a-   17.15G 12.15G
      /dev/sdd1  myvg lvm2 a-   17.15G  2.15G

これでディスクは物理的に削除できるようになり、他のユーザーに割り当てることも可能になります。