Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.13.3. cling 割り当てポリシーを使用した論理ボリュームの拡張

LVM ボリュームを拡張する際には、lvextend コマンドの --alloc cling オプションを使用して、cling 割り当てポリシーを指定できます。このポリシーにより、既存の論理ボリュームの最終セグメントと同じ物理ボリュームの領域が選択されます。物理ボリューム上に十分な領域がなく、タグの一覧が /etc/lvm/lvm.conf ファイルで定義されている場合には、LVM が、その物理ボリュームにいずれかのタグが付けられているかを確認し、既存エクステントと新規エクステント間で、物理ボリュームのタグを適合させようとします。

たとえば、使用している論理ボリュームが、1 つのボリュームグループ内の 2 サイト間でミラー化されている場合は、@site1 タグと @site2 タグを使用し、サイトの場所に応じて物理ボリュームにタグを付けることができます。この場合は、lvm.conf ファイル内に以下の行を指定します。

cling_tag_list = [ "@site1", "@site2" ]

以下の例では、lvm.conf ファイルが変更されて、次のような行が追加されています。

cling_tag_list = [ "@A", "@B" ]

また、この例では、/dev/sdb1/dev/sdc1/dev/sdd1/dev/sde1/dev/sdf1/dev/sdg1、および /dev/sdh1 の物理ボリュームで構成されるボリュームグループ taft が作成されています。この物理ボリュームには、AB、および C のタグが付けられています。この例では、C のタグは使用されていませんが、LVM がタグを使用して、ミラーレッグに使用する物理ボリュームを選択することを示しています。

# pvs -a -o +pv_tags /dev/sd[bcdefgh]
  PV         VG   Fmt  Attr PSize  PFree  PV Tags
  /dev/sdb1  taft lvm2 a--  15.00g 15.00g A
  /dev/sdc1  taft lvm2 a--  15.00g 15.00g B
  /dev/sdd1  taft lvm2 a--  15.00g 15.00g B
  /dev/sde1  taft lvm2 a--  15.00g 15.00g C
  /dev/sdf1  taft lvm2 a--  15.00g 15.00g C
  /dev/sdg1  taft lvm2 a--  15.00g 15.00g A
  /dev/sdh1  taft lvm2 a--  15.00g 15.00g A

以下のコマンドは、ボリュームグループ taft から 10 ギガバイトのミラー化ボリュームを作成します。

# lvcreate --type raid1 -m 1 -n mirror --nosync -L 10G taft
  WARNING: New raid1 won't be synchronised. Don't read what you didn't write!
  Logical volume "mirror" created

以下のコマンドは、ミラーレッグおよび RAID メタデータのサブボリュームに使用されるデバイスを表示します。

# lvs -a -o +devices
  LV                VG   Attr       LSize  Log Cpy%Sync Devices
  mirror            taft Rwi-a-r--- 10.00g       100.00 mirror_rimage_0(0),mirror_rimage_1(0)
  [mirror_rimage_0] taft iwi-aor--- 10.00g              /dev/sdb1(1)
  [mirror_rimage_1] taft iwi-aor--- 10.00g              /dev/sdc1(1)
  [mirror_rmeta_0]  taft ewi-aor---  4.00m              /dev/sdb1(0)
  [mirror_rmeta_1]  taft ewi-aor---  4.00m              /dev/sdc1(0)

以下のコマンドは、ミラー化ボリュームのサイズを拡張します。cling 割り当てポリシーで、同じタグが付いた物理ボリュームを使用して、ミラーレッグが拡張される必要があることを示します。

# lvextend --alloc cling -L +10G taft/mirror
  Extending 2 mirror images.
  Extending logical volume mirror to 20.00 GiB
  Logical volume mirror successfully resized

以下に表示したコマンドは、レッグとして同一のタグが付いた物理ボリュームを使用してミラーレッグが拡張されているのを示しています。C のタグが付いた物理ボリュームは無視される点に注意してください。

# lvs -a -o +devices
  LV                VG   Attr       LSize  Log Cpy%Sync Devices
  mirror            taft Rwi-a-r--- 20.00g       100.00 mirror_rimage_0(0),mirror_rimage_1(0)
  [mirror_rimage_0] taft iwi-aor--- 20.00g              /dev/sdb1(1)
  [mirror_rimage_0] taft iwi-aor--- 20.00g              /dev/sdg1(0)
  [mirror_rimage_1] taft iwi-aor--- 20.00g              /dev/sdc1(1)
  [mirror_rimage_1] taft iwi-aor--- 20.00g              /dev/sdd1(0)
  [mirror_rmeta_0]  taft ewi-aor---  4.00m              /dev/sdb1(0)
  [mirror_rmeta_1]  taft ewi-aor---  4.00m              /dev/sdc1(0)