Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.6.5. JSON 形式で LVM コマンド結果の表示

LVM 表示コマンドで--reportformat オプションを使用して、JSON 形式で出力を表示できます。

以下の例では、標準的なデフォルト形式の lvs の出力を示しています。

# lvs
  LV      VG            Attr       LSize   Pool Origin Data%  Meta%  Move Log Cpy%Sync Convert
  my_raid my_vg         Rwi-a-r---  12.00m                                    100.00
  root    rhel_host-075 -wi-ao----   6.67g
  swap    rhel_host-075 -wi-ao---- 820.00m

以下のコマンドは、JSON 形式を指定する場合と同じ LVM 設定の出力を表示します。

# lvs --reportformat json
  {
      "report": [
          {
              "lv": [
                  {"lv_name":"my_raid", "vg_name":"my_vg", "lv_attr":"Rwi-a-r---", "lv_size":"12.00m", "pool_lv":"", "origin":"", "data_percent":"", "metadata_percent":"", "move_pv":"", "mirror_log":"", "copy_percent":"100.00", "convert_lv":""},
                  {"lv_name":"root", "vg_name":"rhel_host-075", "lv_attr":"-wi-ao----", "lv_size":"6.67g", "pool_lv":"", "origin":"", "data_percent":"", "metadata_percent":"", "move_pv":"", "mirror_log":"", "copy_percent":"", "convert_lv":""},
                  {"lv_name":"swap", "vg_name":"rhel_host-075", "lv_attr":"-wi-ao----", "lv_size":"820.00m", "pool_lv":"", "origin":"", "data_percent":"", "metadata_percent":"", "move_pv":"", "mirror_log":"", "copy_percent":"", "convert_lv":""}
              ]
          }
      ]
  }

また、/etc/lvm/lvm.conf ファイルで output_format 設定を使用して、レポート形式を設定オプションとして設定することもできます。ただし、コマンドラインの --reportformat 設定は、この設定よりも優先されます。