Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

32.2.7. parted でディスクにパーティションテーブルを作成

この手順では、parted ユーティリティーを使用するパーティションテーブルでブロックデバイスをフォーマットする方法を説明します。

手順

  1. インタラクティブな parted シェルを起動します。

    # parted block-device
    • block-device を、パーティションテーブルを作成するデバイスへのパス (例: /dev/sda) に置き換えます。
  2. デバイスにパーティションテーブルがあるかどうかを確認します。

    (parted) print

    デバイスにパーティションが含まれている場合は、次の手順でパーティションを削除します。

  3. 新しいパーティションテーブルを作成します。

    (parted) mklabel table-type
    • table-type を、使用するパーティションテーブルの種類に置き換えます。

      • msdo (MBR の場合)
      • gpt (GPT の場合)

    例32.2 GPT テーブルの作成

    たとえば、ディスクに GPT テーブルを作成するには、次のコマンドを使用します。

    (parted) mklabel gpt

    このコマンドを実行するとすぐに変更が行われるため、実行する前によく確認してください。

  4. パーティションテーブルを表示して、パーティションテーブルが存在することを確認します。

    (parted) print
  5. parted シェルを終了します。

    (parted) quit

関連情報

  • man ページの parted(8)

次のステップ