Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.7.15. RAID 障害ポリシーの設定

LVM RAID は、lvm.conf ファイルの raid_fault_policy フィールドで定義されている詳細設定に基づいて、デバイス障害を自動で処理します。

  • raid_fault_policy フィールドが allocate に設定されている場合、システムは障害が発生したデバイスをボリュームグループの予備のデバイスに置き換えようとします。予備のデバイスがないと、システムログにレポートが送信されます。
  • raid_fault_policy フィールドが warn に設定されている場合、システムは警告を生成して、デバイスが失敗したことがログに示されます。これにより、ユーザーは実施する一連の動作を確認できます。

残りのデバイスで該当するポリシーに対応できる限り、RAID 論理ボリュームは操作を続行します。

68.7.15.1. 「allocate」RAID 障害ポリシー

以下の例では、raid_fault_policy フィールドは lvm.conf ファイルで allocate に設定されています。RAID 論理ボリュームは、以下のように配置されます。

# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv            100.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0),my_lv_rimage_2(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sde1(1)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdf1(1)
  [my_lv_rimage_2]        /dev/sdg1(1)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sde1(0)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdf1(0)
  [my_lv_rmeta_2]         /dev/sdg1(0)

/dev/sde デバイスが失敗すると、システムログはエラーメッセージを表示します。

# grep lvm /var/log/messages
Jan 17 15:57:18 bp-01 lvm[8599]: Device #0 of raid1 array, my_vg-my_lv, has failed.
Jan 17 15:57:18 bp-01 lvm[8599]: /dev/sde1: read failed after 0 of 2048 at
250994294784: Input/output error
Jan 17 15:57:18 bp-01 lvm[8599]: /dev/sde1: read failed after 0 of 2048 at
250994376704: Input/output error
Jan 17 15:57:18 bp-01 lvm[8599]: /dev/sde1: read failed after 0 of 2048 at 0:
Input/output error
Jan 17 15:57:18 bp-01 lvm[8599]: /dev/sde1: read failed after 0 of 2048 at
4096: Input/output error
Jan 17 15:57:19 bp-01 lvm[8599]: Couldn't find device with uuid
3lugiV-3eSP-AFAR-sdrP-H20O-wM2M-qdMANy.
Jan 17 15:57:27 bp-01 lvm[8599]: raid1 array, my_vg-my_lv, is not in-sync.
Jan 17 15:57:36 bp-01 lvm[8599]: raid1 array, my_vg-my_lv, is now in-sync.

raid_fault_policy フィールドが allocate に設定されているため、障害が発生したデバイスは、ボリュームグループの新しいデバイスに置き換わります。

# lvs -a -o name,copy_percent,devices vg
  Couldn't find device with uuid 3lugiV-3eSP-AFAR-sdrP-H20O-wM2M-qdMANy.
  LV            Copy%  Devices
  lv            100.00 lv_rimage_0(0),lv_rimage_1(0),lv_rimage_2(0)
  [lv_rimage_0]        /dev/sdh1(1)
  [lv_rimage_1]        /dev/sdf1(1)
  [lv_rimage_2]        /dev/sdg1(1)
  [lv_rmeta_0]         /dev/sdh1(0)
  [lv_rmeta_1]         /dev/sdf1(0)
  [lv_rmeta_2]         /dev/sdg1(0)

障害が発生したデバイスを交換しても、LVM は、障害が発生したデバイスが見つけられないと示すことに注意してください。これは、障害が発生したデバイスが、RAID 論理ボリュームからは削除されても、ボリュームグループからは削除されていないためです。vgreduce --removemissing VG を実行すると、障害が発生したデバイスをボリュームグループから削除できます。

raid_fault_policyallocate に設定したにもかかわらず、予備のデバイスがない場合は、割り当てが失敗し、論理ボリュームがそのままの状態になります。割り当てに失敗すると、ドライブが修復され、lvchange コマンドの --refresh オプションで、障害が発生したデバイスの復元を開始できます。もしくは、障害が発生したデバイスを交換することもできます。