Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

26.5.2.3. 事前定義サービス

サービスが、ローカルポート、プロトコル、ソースポート、宛先、そしてサービスが有効になると自動的に読み込まれるファイアウォールのヘルパーモジュールの一覧を指す場合があります。サービスを使用すると、ポートのオープン、プロトコルの定義、パケット転送の有効化などを 1 つ 1 つ行うのではなく、1 回のステップで定義できます。

サービス設定オプションと、一般的なファイル情報は、man ページの firewalld.service(5) で説明されています。サービスは、個々の XML 設定ファイルを使用して指定し、名前は、service-name.xml のような形式になります。プロトコル名は、firewalld のサービス名またはアプリケーション名よりも優先されます。

サービスは、グラフィカルな firewall-config ツールと、firewall-cmd および firewall-offline-cmd を使用して追加または削除できます。

または、/etc/firewalld/services/ ディレクトリーの XML ファイルを変更できます。ユーザーがサービスを追加または変更しないと、/etc/firewalld/services/ には、対応する XML ファイルが記載されません。/usr/lib/firewalld/services/ ディレクトリーのファイルは、サービスを追加または変更する場合にテンプレートとして使用できます。

関連情報

  • man ページの firewalld.service(5)