Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

32.3.3. パーティション命名スキーム

Red Hat Enterprise Linux は、/dev/xxyN 形式のファイル名を持つファイルベースの命名スキームを使用します。

デバイスおよびパーティション名は、以下の構造で構成されています。

/dev/
これは、すべてのデバイスファイルが配置されているディレクトリーの名前です。パーティションはハードディスク上に配置され、ハードディスクはデバイスであるため、パーティションを表すすべてのファイルは /dev に配置されます。
xx
パーティション名の最初の 2 文字は、パーティションが存在するデバイスのタイプ (通常は sd) を示します。
y
この文字は、パーティションが存在するデバイスを示します。たとえば、/dev/sda は最初のハードディスク、/dev/sdb は 2 番目のハードディスク、などです。26 を超えるドライブが搭載されているシステムでは、より多くの文字を使用できます。たとえば、/dev/sdaa1 です。
N
最後の文字は、パーティションを表す数字を示します。最初の 4 つのパーティション (プライマリーまたは拡張) のパーティションには、1 から4 までの番号が付けられます。論理パーティションは 5 から始まります。たとえば、/dev/sda3 は 1 番目のハードディスクの 3 番目のプライマリーパーティションまたは拡張パーティションで、2 番目のハードディスク上の 2 番目の論理パーティション /dev/sdb6 です。ドライブのパーティション番号は、MBR パーティションテーブルにのみ適用されます。N は常にパーティションを意味するものではないことに注意してください。
注記

Red Hat Enterprise Linux が すべて のタイプのディスクパーティションを識別して参照できる場合でも、ファイルシステムを読み取れないため、すべてのパーティションタイプに保存されているデータにアクセスできます。ただし、多くの場合、別のオペレーティングシステム専用のパーティション上にあるデータには問題なくアクセスすることができます。