Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.5.13. part または partition

キックスタートコマンド part または partition が必要です。このコマンドは、システムにパーティションを作成します。

構文

part|partition mntpoint --name=name --device=device --rule=rule [OPTIONS]

オプション

  • mntpoint - パーティションをマウントする場所です。次のいずれかの形式になります。

    • /path

      //usr/home など。

    • swap

      このパーティションは、swap 領域として使用されます。

      自動的に swap パーティションのサイズを確定させる場合は、--recommended オプションを使用します。

      swap --recommended

      有効なサイズが割り当てられますが、システムに対して正確に調整されたサイズではありません。

      自動的に swap パーティションサイズを確定しながら、ハイバネート用に余剰領域も割り当てる場合は、--hibernation オプションを使用します。

      swap --hibernation

      --recommended で割り当てられる swap 領域に加え、システムの RAM 容量が加算されたサイズが割り当てられるようになります。

      このコマンドで割り当てられるスワップサイズは、AMD64、Intel 64、および 64 ビット ARM システムの場合は 「推奨されるパーティション設定スキーム」 を参照してください。

    • raid.id

      このパーティションはソフトウェア RAID に使用されます (raid を参照)。

    • pv.id

      このパーティションは LVM に使用されます (logvol を参照)。

    • biosboot

      このパーティションは、BIOS 起動パーティションに使用されます。GPT (GUID Partition Table) を使用する BIOS ベースの AMD64 および Intel 64 のシステムには、1 MiB の BIOS 起動パーティションが必要になります。ブートローダーは、このパーティションにインストールされます。UEFI システムには必要ありません。詳細は bootloader コマンドも併せてご覧ください。

    • /boot/efi

      EFI システムパーティションです。UEFI ベースの AMD64、Intel 64、および 64 ビットの ARM には 50 MiB の EFI パーティションが必要になります。推奨サイズは 200 MiB です。BIOS システムには必要ありません。詳細は bootloader コマンドも併せてご覧ください。

  • --size= - パーティションの最小サイズを MiB 単位で指定します。500 などの整数値を使用してください (単位は不要)。

    重要

    --size の値が小さすぎると、インストールに失敗します。--size の値は、必要となる領域の最小値として指定します。推奨されるサイズは、「推奨されるパーティション設定スキーム」 を参照してください。

  • --grow - パーティションを拡張して、利用可能なサイズ (存在する場合) を埋めるか、指定されている場合は最大サイズまで埋めます。

    注記

    swap パーティションに --maxsize= を設定せずに --grow= を使用すると、swap パーティションの最大サイズは、Anaconda により制限されます。物理メモリーが 2 GB 未満のシステムの場合は、物理メモリー量の 2 倍に制限されます。物理メモリーが 2 GB 以上のシステムの場合は、物理メモリー量に 2GB を足した量に制限されます。

  • --maxsize= - パーティションが grow に設定されている場合の最大サイズを MiB 単位で指定します。500 などの整数値を使用してください (単位は不要)。
  • --noformat - パーティションをフォーマットしない場合に指定します。--onpart コマンドと併用してください。
  • --onpart= または --usepart= - パーティションを配置するデバイスを指定します。既存の空のデバイスを使用し、新たに指定したタイプにフォーマットします。以下に例を示します。

    partition /home --onpart=hda1

    上記では、/home/dev/hda1 に配置されます。

    このオプションを使用して、パーティションを論理ボリュームに追加することもできます。以下に例を示します。

    partition pv.1 --onpart=hda2

    この場合は、デバイスがシステムに存在している必要があります。--onpart オプションでデバイスを作成するわけではありません。

    パーティションではなく、ドライブ全体を指定することも可能です。その場合、Anaconda はパーティションテーブルを作成せずに、ドライブをフォーマットして使用します。ただし、この方法でフォーマットしたデバイスでは GRUB2 のインストールがサポートされないため、パーティションテーブルのあるドライブに置かれる必要があります。

    partition pv.1 --onpart=hdb
  • --ondisk= または --ondrive= - 既存ディスクに (part コマンドで指定した) パーティションを作成します。このコマンドは常にパーティションを作成します。特定のディスクに強制的にパーティションを作成します。たとえば、--ondisk=sdb を使用すると、パーティションは 2 番目の SCSI ディスクに作成されます。

    論理ボリューム管理 (LVM) を使用しないマルチパスデバイスを指定する場合は、disk/by-id/dm-uuid-mpath-WWID の形式を使用します。WWID は、デバイスの World-Wide Identifier です。たとえば、WWID が 2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017 のディスクを指定する場合は以下を使用します。

    part / --fstype=xfs --grow --asprimary --size=8192 --ondisk=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
    警告

    mpatha などのデバイス名でマルチパスデバイスを指定しないでください。このようなデバイス名は、特定のディスクに固有の名前ではありません。インストール時に、/dev/mpatha という名前のディスクが必ずしも期待したディスクを指すとは限りません。したがって、clearpart コマンドを使用する際は、間違ったディスクが対象となる可能性があります。

  • --asprimary - パーティションが プライマリー パーティションとして割り当てられるように強制実行します。(通常、すでに割り当てられているプライマリーパーティションが多すぎるという理由で) パーティションをプライマリーとして割り当てられない場合は、パーティション設定のプロセスが失敗します。このオプションは、Master Boot Record (MBR) をディスクが使用する場合にのみ有効で、GUID Partition Table (GPT) ラベルが付いたディスクでは有効ではありません。
  • --fsprofile= - このパーティションでファイルシステムを作成するプログラムに渡すのに使用するタイプを指定します。ファイルシステムの作成時に使用されるさまざまなチューニングパラメーターは、この使用タイプにより定義されます。ファイルシステム側で使用タイプという概念に対応し、有効なタイプを指定する設定ファイルがないと、このオプションは正しく機能しません。ext2ext3ext4 の場合、この設定ファイルは /etc/mke2fs.conf になります。
  • --mkfsoptions= - このパーティションでファイルシステムを作成するプログラムに渡す追加のパラメーターを指定します。これは --fsprofile と似ていますが、プロフィールの概念に対応するものだけではなく、すべてのファイルシステムで機能するものです。引数のリストでは処理が行われないため、mkfs プログラムに直接渡すことが可能な形式で提供する必要があります。つまり、複数のオプションはコンマ区切りにするか、二重引用符で囲む必要があります (ファイルシステムによって異なります)。
  • --fstype= - パーティションのファイルシステムタイプを設定します。使用できる値は、xfsext2ext3ext4swapvfatefi、および biosboot になります。
  • --fsoptions - ファイルシステムをマウントする場合に使用するオプション文字列を自由形式で指定します。この文字列は、インストール後の /etc/fstab ファイルにコピーされるため、引用符で囲む必要があります。
  • --label= - 個別パーティションにラベルを割り当てます。
  • --recommended - パーティションのサイズを自動的に確定します。AMD64、Intel 64、および 64 ビット ARM の推奨スキームの詳細は、「推奨されるパーティション設定スキーム」 を参照してください。

    重要

    このオプションは、/boot パーティションや swap 領域といったファイルシステムになるパーティションにのみ使用できます。LVM 物理ボリュームや RAID メンバーの作成には使用できません。

  • --onbiosdisk - BIOS で検出された特定のディスクに強制的にパーティションを作成します。
  • --encrypted - --passphrase オプションで入力したパスフレーズを使用して、LUKS (Linux Unified Key Setup) でこのパーティションを暗号化するように指定します。このパスフレーズを指定しないと、Anaconda は、autopart --passphrase コマンドで設定されるデフォルトのシステムワイドパスフレーズを使用します。このデフォルトのパスフレーズも設定されていない場合は、インストールプロセスが中断して、パスフレーズの入力が求められます。

    注記

    1 つまたは複数のパーティションを暗号化する際には、安全な暗号化を行うため、Anaconda が 256 ビットのエントロピーを収集しようとします。エントロピーの収集には時間がかかる場合があります。十分なエントロピーが収集されたかどうかにかかわらず、このプロセスは最大 10 分後に終了します。

    プロセスは、インストールシステムと対話することにより高速化できます (キーボードで入力またはマウスの移動)。仮想マシンにインストールしている場合は、virtio-rng デバイス (仮想乱数ジェネレーター) をゲストに登録できます。

  • --luks-version=LUKS_VERSION - ファイルシステムの暗号化に使用する LUKS 形式のバージョンを指定します。--encrypted と併用しないと有効ではありません。
  • --passphrase= - このパーティションの暗号化を行う際に使用するパスフレーズを入力します。--encrypted オプションと併用してください。単独で使用しても暗号化されません。
  • --cipher= - Anaconda のデフォルトである aes-xts-plain64 では十分ではない場合に使用する暗号化の種類を指定します。--encrypted オプションと併用してください。単独で使用しても暗号化されません。利用可能な暗号化の種類は『セキュリティーの 強化』 に記載されていますが、Red Hat では、aes-xts-plain64 または aes- cbc-essiv:sha256 のいずれかの使用を強く推奨しています。
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate - 暗号化した全パーティションのデータ暗号化の鍵を /root 配下にファイルとして格納します。URL_of_X.509_certificate で指定した URL の X.509 証明書を使用して暗号化します。鍵は、暗号化したパーティションごとに別のファイルとして格納されます。--encrypted と併用しないと有効ではありません。
  • --backuppassphrase - 暗号化されたパーティションにそれぞれランダムに生成されたパスフレーズを追加します。パスフレーズは、/root 配下に別々のファイルで格納され、--escrowcert で指定した X.509 証明書を使用して暗号化されます。--escrowcert と併用しないと有効ではありません。
  • --pbkdf=PBKDF - LUKS 鍵スロット用の PBKDF (Password-Based Key Derivation Function) アルゴリズムを設定します。man ページの cryptsetup(8) も併せて参照してください。--encrypted と併用しないと有効ではありません。
  • --pbkdf-memory=PBKDF_MEMORY - PBKDF のメモリーコストを設定します。man ページの cryptsetup(8) も併せて参照してください。--encrypted と併用しないと有効ではありません。
  • --pbkdf-time=PBKDF_TIME - PBKDF パスフレーズ処理にかかるミリ秒数を設定します。man ページの cryptsetup(8)--iter-time も併せて参照してください。このオプションは、--encrypted が指定される場合に限り有効になり、--pbkdf-iterations と相互に排他的になります。
  • --pbkdf-iterations=PBKDF_ITERATIONS - 反復の数を直接設定し、PBKDF ベンチマークを回避します。man ページの cryptsetup(8)--pbkdf-force-iterations も併せて参照してください。このオプションは、--encrypted が指定されている場合に限り有効になり、--pbkdf-time と相互に排他的になります。
  • --resize= - 既存パーティションのサイズを変更します。このオプションを使用する際は、--size= オプションで目的のサイズ (MiB 単位) を指定し、--onpart= オプションで目的のパーティションを指定します。

備考

  • part コマンドは必須ではありませんが、キックスタートスクリプトには partautopart、または mount のいずれかを指定する必要があります。
  • --active オプションは、Red Hat Enterprise Linux 8 で非推奨となりました。
  • 何らかの理由でパーティションの設定ができなかった場合には、診断メッセージが仮想コンソール 3 に表示されます。
  • --noformat および --onpart を使用しないと、作成されたパーティションはすべてインストールプロセスの一部としてフォーマット化されます。
  • sdX (または /dev/sdX) 形式でのデバイス名がシステムの再起動後に維持される保証がないため、一部のキックスタートコマンドを複雑にします。コマンドがデバイスノード名を呼び出す際には、代わりに /dev/disk からのアイテムを使用できます。以下に例を示します。

    part / --fstype=xfs --onpart=sda1

    以下のいずれかのようなエントリーを使用します。

    part / --fstype=xfs --onpart=/dev/disk/by-path/pci-0000:00:05.0-scsi-0:0:0:0-part1
    part / --fstype=xfs --onpart=/dev/disk/by-id/ata-ST3160815AS_6RA0C882-part1

    上記の手順により、コマンドは常に同じストレージデバイスをターゲットとします。これは特に大型のストレージ環境で便利なものです。ストレージデバイスを連続 的に参照するさまざまな方法は、『 ストレージデバイスの管理 』の「永続的な命名属性の概要 」を参照してください。

  • LUKS パスフレーズが分からなくなると、暗号化されたパーティションと、その上にあるデータには完全にアクセスできなくなります。分からなくなったパスフレーズを復元する方法はありません。ただし、--escrowcert を使用して暗号パスフレーズを保存し、--backuppassphrase オプションを使用してバックアップの暗号化パスフレーズを作成できます。