Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

41.3.2. カーネルパニックを制御するパラメーター

ソフトロックの検出時にシステムの動作を制御する、以下のカーネルパラメーターを設定できます。

softlockup_panic

ソフトロックアップが検出されたときにカーネルでパニックを発生させるどうかを制御します。

効果

整数

0

カーネルが、ソフトロックアップでパニックにならない

整数

1

カーネルが、ソフトロックアップでパニックになる

RHEL 8 では、この値のデフォルトは 0 です。

パニックを発生させるためには、システムで、最初にハードロックアップを検出する必要があります。検出は、nmi_watchdog パラメーターで制御されます。

nmi_watchdog

ロックアップ検出メカニズム (watchdogs) がアクティブかどうかを制御します。このパラメーターは整数型です。

効果

0

ロックアップ検出を無効にする

1

ロックアップ検出を有効にする

ハードロックアップ検出は、各 CPU で割り込みに応答する機能を監視します。

watchdog_thresh

ウォッチドッグの hrtimer、NMI イベント、およびソフトロックアップまたはハードロックアップのしきい値を制御します。

デフォルトのしきい値ソフトロックアップのしきい値

10 秒

2 * watchdog_thresh

このパラメーターをゼロに設定すると、ロックアップ検出を無効にします。

関連情報