Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

G.2.2. パッケージの選択コマンド

このコマンドは、キックスタートファイルの %packages セクションで使用できます。

環境の指定

@^ 記号で開始する行で、インストールする環境全体を指します。

%packages
@^Infrastructure Server
%end

これは、インフラストラクチャーサーバー 環境の一部となるパッケージをすべてインストールします。利用可能なすべての環境は、Red Hat Enterprise Linux 8 インストール DVD の repository/repodata/*-comps-repository.architecture.xml ファイルで説明されています。

キックスタートファイルに指定する必要があるのは、1 つの環境だけです。追加の環境を指定すると、最後に指定した環境のみが使用されます。

グループの指定

1 行に 1 エントリーずつグループを指定します。*-comps-repository.architecture.xml ファイルに指定したとおりに、@ 記号に続いてグループのフルネームまたはグループ ID を指定します。以下に例を示します。

%packages
@X Window System
@Desktop
@Sound and Video
%end

Core グループは常に選択されるため、%packages セクションで指定する必要はありません。

個別パッケージの指定

1 行に 1 エントリーで、名前で個別のパッケージを指定します。アスタリスク記号 (*) をパッケージ名のワイルドカードとして使用できます。以下に例を示します。

%packages
sqlite
curl
aspell
docbook*
%end

docbook* エントリーには、ワイルドカードを使用したパターンに適合する docbook-dtds パッケージおよび docbook-style パッケージが含まれます。

モジュールストリームのプロファイルの指定

プロファイルの構文を使用して、モジュールストリープのポリシーを、1 行ごとに指定します。

%packages
@module:stream/profile
%end

これにより、モジュールストリームで指定したプロファイルに記載されているパッケージがすべてインストールされます。

  • モジュールにデフォルトのストリームが指定されている場合は、削除できます。デフォルトのストリームが指定されていない場合は、指定する必要があります。
  • モジュールストリームにデフォルトのプロファイルが指定されている場合は、削除できます。デフォルトのプロファイルが指定されていない場合は、指定する必要があります。
  • 異なるストリームでモジュールを複数回インストールすることはできません。
  • 同じモジュールおよびストリームの複数プロファイルをインストールできます。

モジュールおよびグループは、@ 記号で始まる同じ構文を使用します。同じ名前のモジュールとパッケージグループが存在する場合は、モジュールが優先されます。

Red Hat Enterprise Linux 8 では、モジュールは AppStream リポジトリーにのみ存在します。利用可能なモジュールを一覧表示するには、インストールされている Red Hat Enterprise Linux 8 システムで yum module list コマンドを実行します。

キックスタートコマンド module を使用して、モジュールストリームを有効にし、直接命名して、モジュールストリームに含まれるパッケージをインストールすることもできます。

環境、グループ、パッケージの除外

ダッシュ (-) を先頭に付け、インストールから除外するパッケージやグループを指定します。以下に例を示します。

%packages
-@Graphical Administration Tools
-autofs
-ipa*compat
%end
重要

キックスタートファイルで * のみを使用して、利用可能なパッケージをすべてインストールする方法はサポートされていません。

%packages セクションのデフォルト動作は、オプションを使用して変更する方法がいくつかあります。オプションの中には、全パッケージの選択で機能するものと、特定のグループにのみ機能するものがあります。

関連情報