Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

44.6. コントロールグループバージョン 1 に関する情報の取得

以下のセクションでは、コントロールグループ (cgroup) に関するさまざまな情報を表示する方法を説明します。

  • systemd ユニットの一覧表示およびステータスの表示
  • cgroups 階層の表示
  • リアルタイムでリソース消費の監視

44.6.1. Systemd ユニットの一覧表示

以下の手順では、systemd システムおよびサービスマネージャーを使用してユニットを一覧表示する方法を説明します。

手順

  • システム上のアクティブなユニットをすべて一覧表示するには、# systemctl コマンドを実行します。ターミナルでは、以下の例のような出力を返します。

    # systemctl
    UNIT                                                LOAD   ACTIVE SUB       DESCRIPTION
    …​
    init.scope                                          loaded active running   System and Service Manager
    session-2.scope                                     loaded active running   Session 2 of user jdoe
    abrt-ccpp.service                                   loaded active exited    Install ABRT coredump hook
    abrt-oops.service                                   loaded active running   ABRT kernel log watcher
    abrt-vmcore.service                                 loaded active exited    Harvest vmcores for ABRT
    abrt-xorg.service                                   loaded active running   ABRT Xorg log watcher
    …​
    -.slice                                             loaded active active    Root Slice
    machine.slice                                       loaded active active    Virtual Machine and Container Slice system-getty.slice                                                                       loaded active active    system-getty.slice
    system-lvm2\x2dpvscan.slice                         loaded active active    system-lvm2\x2dpvscan.slice
    system-sshd\x2dkeygen.slice                         loaded active active    system-sshd\x2dkeygen.slice
    system-systemd\x2dhibernate\x2dresume.slice         loaded active active    system-systemd\x2dhibernate\x2dresume>
    system-user\x2druntime\x2ddir.slice                 loaded active active    system-user\x2druntime\x2ddir.slice
    system.slice                                        loaded active active    System Slice
    user-1000.slice                                     loaded active active    User Slice of UID 1000
    user-42.slice                                       loaded active active    User Slice of UID 42
    user.slice                                          loaded active active    User and Session Slice
    …​
    • UNIT - コントロールグループ階層内のユニットの位置も反映するユニットの名前です。リソース制御に関連するユニットは、スライススコープ および サービス です。
    • LOAD - ユニット設定ファイルが正しく読み込まれたかどうかを示します。ユニットファイルの読み込みに失敗した場合には、フィールドの状態が loaded ではなく error になります。ユニットの読み込みの状態は他に stub, merged, and masked などがあります。
    • ACTIVE - ユニットのアクティベーションの状態 (概要レベル)。こちらは SUB の概要レベルの状態です。
    • SUB - ユニットのアクティベーションの状態 (詳細レベル)。許容値の範囲は、ユニットタイプによって異なります。
    • DESCRIPTION - ユニットのコンテンツおよび機能の説明。
  • アクティブではないユニットを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

    # systemctl --all
  • 出力の情報量を制限するには、以下を実行します。

    # systemctl --type service,masked

    --type オプションでは、サービス および スライス などのユニットタイプのコンマ区切りの一覧、または 読み込み済みマスク済み などのユニットの読み込み状態が必要です。

関連情報

  • systemd、ユニットファイル、および systemd ユニットタイプの完全なリストの詳細は、「 基本的なシステム設定の構成 」の関連のセクションを参照してください。