Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.5.12. nvdimm

キックスタートコマンドの nvdimm は任意です。これは、NVDIMM (Non-Volatile Dual In-line Memory Module) デバイスでアクションを実行します。

構文

nvdimm action [OPTIONS]

アクション

  • reconfigure - 指定した NVDIMM デバイスを特定のモードに再構成します。なお、指定したデバイスは暗示的に使用先と識別されるため、同じデバイスに対するこれ以降の nvdimm use コマンドは冗長になります。このアクションは以下の形式を使用します。

    nvdimm reconfigure [--namespace=NAMESPACE] [--mode=MODE] [--sectorsize=SECTORSIZE]
    • --namespace= - 名前空間でデバイスを指定します。以下に例を示します。

      nvdimm reconfigure --namespace=namespace0.0 --mode=sector --sectorsize=512
    • --mode= - モードを指定します。現在、利用できる値は sector だけです。
    • --sectorsize= - セクターサイズ (セクターモードの場合)。以下に例を示します。

      nvdimm reconfigure --namespace=namespace0.0 --mode=sector --sectorsize=512

      サポートされるセクターサイズは 512 バイトおよび 4096 バイトです。

  • use - NVDIMM デバイスを、インストールのターゲットに指定します。デバイスは、nvdimm reconfigure コマンドでセクターモードに設定されている必要があります。このアクションは以下の形式を使用します。

    nvdimm use [--namespace=NAMESPACE|--blockdevs=DEVICES]
    • --namespace= - 名前空間でデバイスを指定します。以下に例を示します。

      nvdimm use --namespace=namespace0.0
    • --blockdevs= - 使用する NVDIMM デバイスに対応するブロックデバイスをコンマ区切りリストで指定します。ワイルドカードとしてアスタリスク * が使用できます。以下に例を示します。

      nvdimm use --blockdevs=pmem0s,pmem1s
      nvdimm use --blockdevs=pmem*

備考

  • デフォルトでは、インストールプログラムはすべての NVDIMM デバイスを無視します。このデバイスでのインストールを有効にするには、nvdimmコマンドを使用する必要があります。