Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.5.11. mount

キックスタートコマンドの mount は任意です。これは、既存のブロックデバイスにマウントポイントを割り当て、必要に応じて、指定の形式で再フォーマットします。

構文

mount [OPTIONS] device mountpoint

必須オプション:

  • device - マウントするブロックデバイス。
  • mountpoint - device をマウントする場所。//usr などの有効なマウントポイントを指定する必要があります。デバイスがマウントできない場合 (swap など) は none と指定します。

任意のオプション:

  • --reformat= - デバイスを再フォーマットする際の新しいフォーマット (例: ext4) を指定します。
  • --mkfsoptions= - --reformat= で指定した新しいファイルシステムを作成するコマンドに渡す追加のオプションを指定します。ここで指定するオプションのリストは処理されません。したがって、直接 mkfs プログラムに渡すことのできる形式で指定する必要があります。オプションのリストは、コンマ区切りとするか、二重引用符で囲む必要があります (ファイルシステムによって異なります)。詳細は、作成するファイルシステムの mkfs の man ページで確認してください (例: mkfs.ext4(8) または mkfs.xfs(8))。
  • --mountoptions= - ファイルシステムをマウントする場合に使用するオプションを含む文字列を、自由形式で指定します。この文字列はインストールされたシステムの /etc/fstab ファイルにコピーされるため、二重引用符で囲んでください。マウントオプションの全リストは man ページの mount(8) を、概要は fstab(5) を参照してください。

備考

  • キックスタートの他の多くのストレージ設定コマンドとは異なり、mount の場合には、キックスタートファイルにすべてのストレージ設定を記述する必要がありません。確認する必要があるのは、記述されたブロックデバイスがシステムに存在することだけです。ただし、すべてのデバイスがマウントされたストレージスタックを 作成する 場合には、part などの他のコマンドを使用する必要があります。
  • 同じキックスタートファイル内で、mountpartlogvol、または autopart などの他のストレージ関連コマンドと併用することはできません。