Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.7.3. LVM RAID のセグメントタイプ

RAID 論理ボリュームを作成するには、RAID タイプを lvcreate コマンドの --type 引数として指定します。以下の表は、考えられる RAID セグメントタイプを示しています。

大概は、5 つのプライマリータイプ (raid1raid4raid5raid6raid10) のいずれかを指定すれば対応できるはずです。

表68.5 LVM RAID のセグメントタイプ

セグメントタイプ説明

raid1

RAID1 ミラーリング。-m を指定し、ストライピングを指定しない場合は、lvcreate コマンドの --type 引数のデフォルト値になります。

raid4

RAID4 専用パリティーディスク

raid5

raid5_ls と同じ

raid5_la

  • RAID5 left asymmetric
  • ローテートパリティー 0 + データ継続

raid5_ra

  • RAID5 right asymmetric
  • ローテートパリティー N + データ継続

raid5_ls

  • RAID5 left symmetric
  • ローテートパリティー 0 +データ再起動

raid5_rs

  • RAID5 right symmetric
  • ローテートパリティー N + データ再起動

raid6

raid6_zr と同じ

raid6_zr

  • RAID6 zero restart
  • ローテートパリティーゼロ (左から右) + データ再起動

raid6_nr

  • RAID6 N restart
  • ローテートパリティー N (左から右) + データ再起動

raid6_nc

  • RAID6 N continue
  • ローテートパリティー N (左から右) + データを継続

raid10

  • ストライピング + ミラーリング。-m を指定し、1 よりも大きい数をストライプの数として指定すると、これは lvcreate コマンドの --type 引数のデフォルト値になります。
  • ミラーセットのストライピング

raid0/raid0_meta

ストライピング。RAID0 では、ストライプサイズの単位で、複数のデータサブボリュームに論理ボリュームデータが分散されます。これは、パフォーマンスを向上させるために使用します。論理ボリュームのデータは、いずれかのデータサブボリュームで障害が発生すると失われます。