Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.2.12. logging

キックスタートコマンドの logging は任意です。インストール時に Anaconda に記録されるエラーログを制御します。インストール済みのシステムには影響しません。

注記

ロギングは TCP でのみサポートされています。リモートロギングの場合は、--port= オプションで指定するポート番号がリモートサーバーで開いていることを確認してください。デフォルトのポートは 514 です。

構文

logging OPTIONS

任意のオプション

  • --host= - 指定したリモートホストにログ情報を送信します。ログを受け取るには、リモートホストで設定した syslogd プロセスが実行している必要があります。
  • --port= - リモートの syslogd プロセスがデフォルト以外のポートを使用する場合は、このオプションを使用して設定します。
  • --level= - tty3 に表示されるメッセージの最低レベルを指定します。ただし、このレベルに関係なくログファイルには全メッセージが送信されます。設定できるレベルは debuginfowarningerrorcritical になります。