Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.3.5. keyboard (必須)

キックスタートコマンド keyboard が必要です。これは、システムに利用可能なキーボードレイアウトを 1 つまたは複数設定します。

構文

keyboard --vckeymap|--xlayouts OPTIONS

オプション

  • --vckeymap= - 使用する VConsole キーマップを指定します。/usr/lib/kbd/keymaps/xkb/ ディレクトリーの各ファイル名から .map.gz 拡張子を外したものが、有効なキーマップ名になります。
  • --xlayouts= - 使用する X のレイアウトを、空白なしのコンマで区切った一覧で指定します。setxkbmap(1) と同じ形式 (layout 形式 (cz など)、または layout (variant) 形式 (cz (qwerty) など)) の値をとります。

    使用できるレイアウトは、man ページ xkeyboard-config(7)Layouts を参照してください。

  • --switch= - レイアウト切り替えのオプション一覧を指定します (複数のキーボードレイアウト切り替え用のショートカット)。複数のオプションは、空白なしのコンマで区切ってください。setxkbmap(1) と同じ形式の値を受け取ります。

    使用できる切り替えオプションは、man ページの xkeyboard-config(7)Options をご覧ください。

備考

  • --vckeymap= オプションまたは --xlayouts= オプションのいずれかを使用する必要があります。

以下の例では、--xlayouts= オプションを使用して 2 種類のキーボードレイアウト (English (US)Czech (qwerty)) を設定し、切り替えオプションは、Alt+Shift を使用するように指定しています。

keyboard --xlayouts=us,'cz (qwerty)' --switch=grp:alt_shift_toggle