Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.5.8. iscsi

キックスタートコマンドの iscsi は任意です。インストール時に接続する追加の iSCSI ストレージを指定します。

構文

iscsi --ipaddr=address [OPTIONS]

必須オプション

  • --ipaddr= (必須) - 接続先ターゲットの IP アドレスを指定します。

任意のオプション

  • --port= (必須) - ポート番号を指定します。存在しない場合は、--port=3260 がデフォルトで自動的に使用されます。
  • --target= - ターゲットの IQN (iSCSI 修飾名) を指定します。
  • --iface= - ネットワーク層で確定されるデフォルトのネットワークインターフェースではなく、特定のネットワークインターフェースに接続をバインドします。これを一度使用したら、キックスタートファイルには、iscsi コマンドのインスタンスをすべて指定する必要があります。
  • --user= - ターゲットでの認証に必要なユーザー名を指定します。
  • --password= - ターゲットに指定したユーザー名のパスワードを指定します。
  • --reverse-user= - 逆 CHAP 認証を使用するターゲットのイニシエーターでの認証に必要なユーザー名を指定します。
  • --reverse-password= - イニシエーターに指定したユーザー名のパスワードを指定します。

備考

  • また、iscsi コマンドを使用する場合は、iscsiname コマンドで iSCSI ノードに名前を割り当てる必要があります。iscsiname コマンドは、キックスタートファイルで、iscsi コマンドより先に指定してください。
  • iSCSI ストレージは、できる限り iscsi コマンドではなくシステムの BIOS またはファームウェア (Intel システムの場合は iBFT) 内で設定してください。BIOS またはファームウェア内で設定されたディスクは Anaconda で自動的に検出されて使用されるため、キックスタートファイルで特に設定する必要がありません。
  • iscsi コマンドを使用する必要がある場合は、インストールの開始時にネットワークがアクティブであること、iscsi コマンドが、キックスタートファイルで clearpartignoredisk などのコマンドによる iSCSI ディスクの参照よりも前に指定されていることを確認してください。