Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

42.10.3. IBM Z ハードウェアにおけるファームウェア支援ダンプの仕組み

IBM Z システムは、以下のファームウェア支援ダンプメカニズムをサポートします。

  • スタンドアロンダンプ (sadump)
  • VMDUMP

IBM Z システムでは、kdump インフラストラクチャーはサポート対象で、使用されています。RHEL から kdump を設定するには、「 第 7 章 kdump のインストールと設定」を参照してください。

ただし、IBM Z にファームウェア支援ダンプ (fadump) を使用すると、さまざまな利点が得られます。

  • sadump メカニズムはシステムコンソールで開始および制御され、IPL 起動可能なデバイスに保存されます。
  • VMDUMP メカニズムは sadump に似ています。このツールもシステムコンソールから開始しますが、ハードウェアから生成されたダンプを取得して解析用にシステムにコピーします。
  • (他のハードウェアベースのダンプメカニズムと同様に) これらの手法では、(kdump サービスが開始される前の) 起動初期段階におけるマシンの状態をキャプチャーできます。
  • VMDUMP には、ハードウェアからコピーしたダンプファイルを Red Hat Enterprise Linux システムに格納する仕組みがありますが、IBM Z ハードウェアコンソールから、VMDUMP の設定および制御が管理されます。

IBM は、sadump について、「 Stand-alone dump program 記事で、VMDUMP について詳細に説明しています。VMDUMP は、VMDUMP の記事「 Creating dumps on z/VM with VMDUMP 」を参照してください。

また、IBM は、Using the Dump Tools on Red Hat Enterprise Linux 7.4 記事で、Red Hat Enterprise Linux 7 でダンプツールを使用するための 一連のドキュメントも提供しています。