Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.4.4. Web コンソールで VDO ボリュームの拡張

RHEL 8 Web コンソールで VDO ボリュームを拡張します。

前提条件

  • cockpit-storaged パッケージがシステムにインストールされている。
  • VDO ボリュームが作成されている。

手順

  1. RHEL 8 Web コンソールにログインします。

    詳細は「 Web コンソールへのログイン」を 参照してください。

  2. ストレージ をクリックします。
  3. VDO デバイス で、VDO ボリュームをクリックします。

    cockpit vdo created

  4. VDO ボリュームの詳細で、増加 ボタンをクリックします。
  5. VDO の論理サイズを増加 ダイアログボックスで、VDO ボリュームの論理サイズを増やします。

    cockpit vdo grow done

    スクリーンショットの論理ボリュームの元のサイズは 6 GB でした。RHEL Web コンソールでは、ボリュームのサイズを 10 倍以上まで増やし、圧縮と重複排除により適切に動作させることができます。

  6. 増加 をクリックします。

VDO の拡張プロセスに成功したら、VDO ボリュームの詳細で新しいサイズを確認できます。

cockpit vdo grow details