Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.12.2. LVM デバイスフィルター設定の例

以下の例は、LVM がスキャンするデバイスを制御するフィルターの使用を示しています。

警告

ここに示す例では、意図せずにシステムにある追加デバイスと一致する場合があり、システムの推奨プラクティスを表していないことがあることに注意してください。たとえば、a/loop/a/.*loop.*/ と同等であり、/dev/solooperation/lvol1 に一致します。

  • 以下のフィルターは、検出されたすべてのデバイスを追加します。設定ファイル内で設定されているフィルターはないため、これはデフォルトの動作になります。

    filter = [ "a/.*/" ]
  • 以下のフィルターは、ドライブにメディアが入っていない場合の遅延を回避するために cdrom デバイスを削除します。

    filter = [ "r|^/dev/cdrom$|" ]
  • 以下のフィルターはすべてのループデバイスを追加して、その他のすべてのブロックデバイスを削除します。

    filter = [ "a/loop/", "r/.*/" ]
  • 以下のフィルターはすべてのループデバイスと IDE デバイスを追加して、その他のすべてのブロックデバイスを削除します。

    filter = [ "a|loop|", "a|/dev/hd.*|", "r|.*|" ]
  • 以下のフィルターは 1 番目の IDE ドライブにパーティション 8 のみを追加して、他のすべてのブロックデバイスを削除します。

    filter = [ "a|^/dev/hda8$|", "r/.*/" ]