Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

G.3.3.3. 例: インストール後のスクリプトで subscription-manager の実行

キックスタートを使用したインストールで最もよく使用されるインストール後のスクリプトの 1 つは、Red Hat Subscription Manager を使用したインストール済みシステムの自動登録です。以下は、%post スクリプトの自動サブスクリプションの例です。

%post --log=/root/ks-post.log
subscription-manager register --username=admin@example.com --password=secret --auto-attach
%end

subscription-manager のコマンドラインスクリプトで、システムが Red Hat Subscription Management サーバー (カスタマーポータルによるサブスクリプション管理、Satellite 6、CloudForms System Engine) に登録されます。このスクリプトは、システムに最も適したサブスクリプションをそのシステムに自動的に割り当てる場合にも使用できます。カスタマーポータルに登録する場合は、Red Hat Network ログイン認証情報を使用します。Satellite 6 または CloudForms System Engine に登録する場合は、ローカル管理者が提供する認証情報に加え、--serverurl--org--environment などの subscription-manager オプションも指定する必要があります。共有キックスタートファイルで、--username --password 値を公開しないようにするには、認証情報が、--org --activationkey の組み合わせの形式で使用されます。

登録コマンドで追加オプションを使用してシステムの優先サービスレベルを設定し、更新およびエラータを、以前のストリームで修正が必要な Extended Update Support サブスクリプションをお持ちのお客様の、特定のマイナーリリースバージョンの RHEL に制限することができます。

キックスタート %post セクションで subscription-manager を使用する方法は、Red Hat カスタマーポータルの記事「 How do I use subscription-manager in a kickstart file? 」を参照してください。