Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

42.5.6. kdumpサイズの見積もり

kdump 環境のプランニングや構築の際には、ダンプファイルに必要な容量を把握してから作成する必要があります。

makedumpfile --mem-usage コマンドは、除外可能なページに関する有用なレポートを生成し、割り当てるダンプレベルを決定するために使用できます。システムが代表的な負荷においてこのコマンドを実行します。それ以外の場合、makedumpfile --mem-usage は実稼働環境で想定されている値より小さい値を返します。

[root@hostname ~]# makedumpfile --mem-usage /proc/kcore

TYPE            PAGES                   EXCLUDABLE      DESCRIPTION
----------------------------------------------------------------------
ZERO            501635                  yes             Pages filled with zero
CACHE           51657                   yes             Cache pages
CACHE_PRIVATE   5442                    yes             Cache pages + private
USER            16301                   yes             User process pages
FREE            77738211                yes             Free pages
KERN_DATA       1333192                 no              Dumpable kernel data
重要

makedumpfile --mem-usage コマンドは、ページ単位の報告を行います。つまり、カーネルページサイズに対して、使用中のメモリーのサイズを計算する必要があります。デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux カーネルは、AMD64 および Intel 64 アーキテクチャーに 4 KB のサイズのページを使用し、IBM POWER アーキテクチャーには 64 KB のサイズのページを使用します。