Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.3.3.3. インターフェース接続の有効化または無効化

以下の手順に従って、インターフェース接続を有効または無効にします。

手順

  1. 全般 タブをクリックします。
  2. 優先的に自動的に接続 チェックボックスを選択して、デフォルトで接続を有効にします。デフォルトの優先度設定は 0 のままにします。

    重要
    • 有線接続で有効にすると、システムは起動時または再起動時に自動的に接続されます。無線接続では、インターフェースにより、範囲内の既知の無線ネットワークへの接続が試されます。nm-connection-editor ツールを含む NetworkManager の詳細は『 ネットワークの設定および管理』を参照 してください。
    • 全ユーザーがこのネットワークに接続可能とする オプションを使用して、このシステムの全ユーザーがこのネットワークに接続するのを有効または無効にできます。このオプションを無効にすると、root だけがこのネットワークに接続できます。
    • インストール中のこの時点ではその他のユーザーが作成されないため、root 以外の特定のユーザーだけがこのインターフェースを使用するように許可することはできません。別のユーザーが使用する接続が必要な場合は、インストール後に設定する必要があります。
  3. 保存 をクリックして変更を適用し、ネットワークおよびホスト名 画面に戻ります。