Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.2.7. VDO での重複排除の有効化または無効化

一部の例では、ボリュームへの読み書きを行う機能を維持しながら、VDO ボリュームに書き込まれているデータの重複排除を一時的に無効にする場合があります。重複排除を無効にすると、後続の書き込みが重複排除できなくなりますが、すでに重複排除されたデータが残ります。

36.2.7.1. VDO での重複排除

重複排除とは、重複ブロックの複数のコピーを削除することで、ストレージリソースの消費を低減させるための技術です。

同じデータを複数回書き込むのではなく、VDO は各重複ブロックを検出し、元のブロックへの参照として記録します。VDO は、VDO の上にあるストレージ層により使用されている論理ブロックアドレスから、VDO の下にあるストレージ層で使用される物理ブロックアドレスへのマッピングを維持します。

重複排除を行った後、複数の論理ブロックアドレスが同じ物理ブロックアドレスにマッピングできます。共有ブロックと呼ばれます。ブロックストレージの共有は、VDO が存在しない場合に、読み込みブロックと書き込みブロックが行われるストレージのユーザーには表示されません。

共有ブロックが上書きされると、VDO は新しいブロックデータを保存する新しい物理ブロックを割り当て、共有物理ブロックにマッピングされたその他の論理ブロックアドレスが変更されないようにします。