Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

42.12.2. early kdump の有効化

本セクションでは、early kdump 機能を有効にして、起動初期のカーネルクラッシュに関する情報が失われるリスクをなくす方法を説明します。

前提条件

  • アクティブな Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション
  • システムの CPU アーキテクチャー用の kexec-tools パッケージを含むリポジトリー
  • kdump要件 を満たしている。

手順

  1. kdump サービスが有効でアクティブであることを確認します。

    # systemctl is-enabled kdump.service && systemctl is-active kdump.service enabled active

    kdump が有効ではなく、実行している場合は、「kdump サービスの有効化および無効化」 を参照してください。

  2. 起動カーネルの initramfs イメージを、early kdump 機能で再構築します。

    dracut -f --add earlykdump
  3. rd.earlykdump カーネルコマンドラインパラメーターを追加します。

    grubby --update-kernel=/boot/vmlinuz-$(uname -r) --args="rd.earlykdump"
  4. システムを再起動して、変更を反映させます。

    reboot
  5. 必要に応じて、rd.earlykdump が正常に追加され、early kdump 機能が有効になっていることを確認します。

    # cat /proc/cmdline
    BOOT_IMAGE=(hd0,msdos1)/vmlinuz-4.18.0-187.el8.x86_64 root=/dev/mapper/rhel-root ro crashkernel=auto resume=/dev/mapper/rhel-swap rd.lvm.lv=rhel/root rd.lvm.lv=rhel/swap rhgb quiet rd.earlykdump
    
    # journalctl -x | grep early-kdump
    Mar 20 15:44:41 redhat dracut-cmdline[304]: early-kdump is enabled.
    Mar 20 15:44:42 redhat dracut-cmdline[304]: kexec: loaded early-kdump kernel

関連情報