Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

43.8.3. kpatch.service の無効化

以下の手順では、Red Hat Enterprise Linux カーネルライブパッチソリューションが、後続の起動時にすべてのカーネルパッチモジュールをグローバルに適用しないようにする方法を説明します。

前提条件

  • root 権限
  • ライブパッチパッケージがインストールされている。
  • カーネルパッチモジュールがインストールされ、ロードされている。

手順

  1. kpatch.service が有効化されていることを確認します。

    # systemctl is-enabled kpatch.service
    enabled
  2. kpatch.service を無効にします。

    # systemctl disable kpatch.service
    Removed /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/kpatch.service.
    • 適用されたカーネルモジュールが依然としてロードされていることに注意してください。

      # kpatch list
      Loaded patch modules:
      kpatch_4_18_0_94_1_1 [enabled]
      
      Installed patch modules:
      kpatch_4_18_0_94_1_1 (4.18.0-94.el8.x86_64)
  3. システムを再起動します。
  4. 必要に応じて、kpatch.service のステータスを確認します。

    # systemctl status kpatch.service
    ● kpatch.service - "Apply kpatch kernel patches"
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/kpatch.service; disabled; vendor preset: disabled)
       Active: inactive (dead)

    この出力テストサンプルでは、kpatch.service が無効になっており、実行されていないことを証明しています。したがって、カーネルのライブパッチソリューションはアクティブではありません。

  5. カーネルパッチモジュールがアンロードされたことを確認します。

    # kpatch list
    Loaded patch modules:
    <NO_RESULT>
    
    Installed patch modules:
    kpatch_4_18_0_94_1_1 (4.18.0-94.el8.x86_64)

    上記の出力例では、カーネルパッチモジュールがインストールされていても、カーネルにパッチが適用されていないことを示しています。

関連情報

  • kpatch コマンドラインユーティリティーの詳細は、man ページの kpatch(1) を参照してください。
  • systemd システムおよびサービスマネージャー、ユニット設定ファイル、その場所、および systemd ユニットタイプの完全なリストの詳細は、「 基本的なシステム設定の構成 」の関連のセクションを参照してください。