Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

31.3.2. デバイスの識別子

/dev/disk/by-id/ の WWID 属性

World Wide Identifier (WWID) は永続的で、SCSI 規格によりすべての SCSI デバイスが必要とする システムに依存しない識別子 です。各ストレージデバイスの WWID 識別子は一意となることが保証され、デバイスのアクセスに使用されるパスに依存しません。この識別子はデバイスのプロパティですが、デバイスのコンテンツ (つまりデータ) には格納されません。

この識別子は、SCSI Inquiry を発行して Device Identification Vital Product Data (0x83 ページ) または Unit Serial Number (0x80 ページ) を取得することにより獲得できます。

Red Hat Enterprise Linux は、WWID ベースのデバイス名から、そのシステムの現在の /dev/sd 名への正しいマッピングを自動的に維持します。デバイスへのパスが変更したり、別のシステムからそのデバイスへのアクセスがあった場合にも、アプリケーションはディスク上のデータ参照に /dev/disk/by-id/ を使用できます。

例31.1 WWID マッピング

WWID シンボリックリンク非永続的なデバイス備考

/dev/disk/by-id/scsi-3600508b400105e210000900000490000

/dev/sda

ページ 0x83 の識別子を持つデバイス

/dev/disk/by-id/scsi-SSEAGATE_ST373453LW_3HW1RHM6

/dev/sdb

ページ 0x80 の識別子を持つデバイス

/dev/disk/by-id/ata-SAMSUNG_MZNLN256HMHQ-000L7_S2WDNX0J336519-part3

/dev/sdc3

ディスクパーティション

システムにより提供される永続的な名前のほかに、udev ルールを使用して独自の永続的な名前を実装し、ストレージの WWID にマップすることもできます。

/dev/disk/by-partuuid のパーティション UUID 属性

パーティション UUID (PARTUUID) 属性は、GPT パーティションテーブルにより定義されているパーティションを識別します。

例31.2 パーティション UUID のマッピング

PARTUUID シンボリックリンク非永続的なデバイス

/dev/disk/by-partuuid/4cd1448a-01

/dev/sda1

/dev/disk/by-partuuid/4cd1448a-02

/dev/sda2

/dev/disk/by-partuuid/4cd1448a-03

/dev/sda3

/dev/disk/by-path/ のパス属性

この属性は、デバイスへのアクセスに使用される ハードウェアパス がストレージデバイスを参照するシンボル名を提供します。

ハードウェアパス (PCI ID、ターゲットポート、LUN 番号など) の一部が変更されると、パス属性に失敗します。このため、パス属性は信頼性に欠けます。ただし、パス属性は以下のいずれかのシナリオで役に立ちます。

  • 後で置き換える予定のディスクを特定する必要があります。
  • 特定の場所にあるディスクにストレージサービスをインストールする予定です。