Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

26.3.8. FIPS 準拠の IPsec VPN のデプロイメント

この手順を使用して、Libreswan に基づく FIPS 準拠の IPsec VPN ソリューションをデプロイします。次の手順では、FIPS モードの Libreswan で使用可能な暗号化アルゴリズムと無効になっている暗号化アルゴリズムを識別することもできます。

前提条件

  • AppStream リポジトリーが有効になっている。

手順

  1. libreswan パッケージをインストールします。

    # yum install libreswan
  2. Libreswan を再インストールする場合は、古い NSS データベースを削除します。

    # systemctl stop ipsec
    # rm /etc/ipsec.d/*db
  3. ipsec サービスを開始して有効にし、システムの起動時にサービスを自動的に開始できるようにします。

    # systemctl enable ipsec --now
  4. ファイアウォールで、ipsec サービスを追加して、IKE プロトコル、ESP プロトコル、および AH プロトコルの 500/UDP ポートおよび 4500/UDP ポートを許可するように設定します。

    # firewall-cmd --add-service="ipsec"
    # firewall-cmd --runtime-to-permanent
  5. RHEL 8 でシステムを FIPS モードに切り替えるには、次のコマンドを実行します。

    # fips-mode-setup --enable
  6. システムを再起動して、カーネルを FIPS モードに切り替えます。

    # reboot

検証手順

  1. Libreswan が FIPS モードで実行していることを確認するには、次のコマンドを実行します。

    # ipsec whack --fipsstatus
    000 FIPS mode enabled
  2. または、systemd ジャーナルで ipsec ユニットのエントリーを確認します。

    $ journalctl -u ipsec
    ...
    Jan 22 11:26:50 localhost.localdomain pluto[3076]: FIPS Product: YES
    Jan 22 11:26:50 localhost.localdomain pluto[3076]: FIPS Kernel: YES
    Jan 22 11:26:50 localhost.localdomain pluto[3076]: FIPS Mode: YES
  3. FIPS モードで使用可能なアルゴリズムを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # ipsec pluto --selftest 2>&1 | head -11
    FIPS Product: YES
    FIPS Kernel: YES
    FIPS Mode: YES
    NSS DB directory: sql:/etc/ipsec.d
    Initializing NSS
    Opening NSS database "sql:/etc/ipsec.d" read-only
    NSS initialized
    NSS crypto library initialized
    FIPS HMAC integrity support [enabled]
    FIPS mode enabled for pluto daemon
    NSS library is running in FIPS mode
    FIPS HMAC integrity verification self-test passed
  4. FIPS モードで無効化されたアルゴリズムをクエリーするには、次のコマンドを実行します。

    # ipsec pluto --selftest 2>&1 | grep disabled
    Encryption algorithm CAMELLIA_CTR disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm CAMELLIA_CBC disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm SERPENT_CBC disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm TWOFISH_CBC disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm TWOFISH_SSH disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm NULL disabled; not FIPS compliant
    Encryption algorithm CHACHA20_POLY1305 disabled; not FIPS compliant
    Hash algorithm MD5 disabled; not FIPS compliant
    PRF algorithm HMAC_MD5 disabled; not FIPS compliant
    PRF algorithm AES_XCBC disabled; not FIPS compliant
    Integrity algorithm HMAC_MD5_96 disabled; not FIPS compliant
    Integrity algorithm HMAC_SHA2_256_TRUNCBUG disabled; not FIPS compliant
    Integrity algorithm AES_XCBC_96 disabled; not FIPS compliant
    DH algorithm MODP1024 disabled; not FIPS compliant
    DH algorithm MODP1536 disabled; not FIPS compliant
    DH algorithm DH31 disabled; not FIPS compliant
  5. FIPS モードで許可されているすべてのアルゴリズムと暗号の一覧を表示するには、次のコマンドを実行します。

    # ipsec pluto --selftest 2>&1 | grep ESP | grep FIPS | sed "s/^.*FIPS//"
    {256,192,*128}  aes_ccm, aes_ccm_c
    {256,192,*128}  aes_ccm_b
    {256,192,*128}  aes_ccm_a
    [*192]  3des
    {256,192,*128}  aes_gcm, aes_gcm_c
    {256,192,*128}  aes_gcm_b
    {256,192,*128}  aes_gcm_a
    {256,192,*128}  aesctr
    {256,192,*128}  aes
    {256,192,*128}  aes_gmac
    sha, sha1, sha1_96, hmac_sha1
    sha512, sha2_512, sha2_512_256, hmac_sha2_512
    sha384, sha2_384, sha2_384_192, hmac_sha2_384
    sha2, sha256, sha2_256, sha2_256_128, hmac_sha2_256
    aes_cmac
    null
    null, dh0
    dh14
    dh15
    dh16
    dh17
    dh18
    ecp_256, ecp256
    ecp_384, ecp384
    ecp_521, ecp521