Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.9.2. SCAP Workbench を使用したセキュリティープロファイルのカスタマイズ

セキュリティープロファイルをカスタマイズするには、特定のルール (パスワードの最小長など) のパラメーターを変更し、別の方法で対象とするルールを削除し、追加のルールを選択して内部ポリシーを実装できます。プロファイルをカスタマイズして新しいルールの定義はできません。

以下の手順では、SCAP Workbench を使用してプロファイルをカスタマイズ (調整) します。oscap コマンドラインユーティリティーで使用するようにカスタマイズしたプロファイルを保存することもできます。

前提条件

  • scap-workbench パッケージがシステムにインストールされている。

手順

  1. SCAP Workbench を実行し、Open content from SCAP Security Guide または File メニューの Open Other Content を使用してカスタマイズするプロファイルを選択します。
  2. 選択したセキュリティープロファイルを必要に応じて調整するには、Customize ボタンをクリックします。

    これにより、元のデータストリームファイルを変更せずに現在選択されているプロファイルを変更できる新しいカスタマイズウィンドウが開きます。新しいプロファイル ID を選択します。

    新しいプロファイルの ID の選択
  3. 論理グループに分けられたルールを持つツリー構造を使用するか、Search フィールドを使用して変更するルールを検索します。
  4. ツリー構造のチェックボックスを使用した include ルールまたは exclude ルール、または必要に応じてルールの値を変更します。

    OSPP プロファイルにおけるルールのカスタマイズ
  5. OK ボタンをクリックして変更を確認します。
  6. 変更内容を永続的に保存するには、以下のいずれかのオプションを使用します。

    • File メニューの Save Customization Only を使用して、カスタマイズファイルを別途保存します。
    • File メニュー Save All を選択して、すべてのセキュリティーコンテンツを一度に保存します。

      Into a directory オプションを選択すると、SCAP Workbench は、データストリームファイルおよびカスタマイズファイルの両方を、指定した場所に保存します。これはバックアップソリューションとして使用できます。

      As RPM オプションを選択すると、SCAP Workbench に、データストリームファイル、ならびにカスタマイズファイルを含む RPM パッケージの作成を指示できます。これは、リモートでスキャンできないシステムにセキュリティーコンテンツを配布したり、詳細な処理のためにコンテンツを配信するのに便利です。

注記

SCAP Workbench は、カスタマイズしたプロファイル向けの結果ベースの修正に対応していないため、oscap コマンドラインユーティリティーでエクスポートした修正を使用します。