Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.4.2. Web コンソールで VDO ボリュームの作成

RHEL Web コンソールで VDO ボリュームを作成します。

前提条件

  • VDO の作成元となる物理ドライブ、LVM、または RAID

手順

  1. RHEL 8 Web コンソールにログインします。

    詳細は「 Web コンソールへのログイン」を 参照してください。

  2. ストレージ をクリックします。
  3. VDO デバイス ボックスの + アイコンをクリックします。

    cockpit adding vdo

  4. 名前 フィールドに、VDO ボリュームの名前 (スペースなし) を入力します。
  5. 使用するドライブを選択します。
  6. 論理サイズ バーに、VDO ボリュームのサイズを設定します。10 回以上拡張できますが、VDO ボリュームを作成する目的を検討してください。

    • アクティブな仮想マシンまたはコンテナーストレージの場合は、使用する論理のサイズを、ボリュームの物理サイズの 10 倍になるようにします。
    • オブジェクトストレージの場合は、使用する論理のサイズを、ボリュームの物理サイズの 3 倍になるようにします。

    詳細は「 VDO のデプロイ 」を参照してください。

  7. インデックスメモリー バーで、VDO ボリュームにメモリーを割り当てます。

    VDO システム要件の詳細は、「システム要件」を参照 てください。

  8. 圧縮 オプションを選択します。このオプションを使用すると、さまざまなファイル形式を効率的に減らすことができます。

    詳細は「 VDO で圧縮の有効化または無効化」を参照し てください。

  9. 重複排除 オプションを選択します。

    このオプションは、重複ブロックのコピーを削除して、ストレージリソースが使用されなくなるようにします。詳細は「 VDO で重複排除の有効化または無効化」を参照し てください。

  10. 必要に応じて、512 バイトのブロックサイズを必要とするアプリケーションで VDO ボリュームを使用する場合は、512 バイトのエミュレーションを使用 を選択します。これにより、VDO ボリュームのパフォーマンスは低下しますが、その必要はほとんどありません。不明な場合は、無効にします。
  11. 作成 をクリックします。

    cockpit create vdo dialog

VDO ボリュームの作成プロセスに成功すると、ストレージ セクションに新しい VDO ボリュームが表示され、ファイルシステムでフォーマットできます。

cockpit vdo created