Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

33.2.2. RHEL システムロールを使用してブロックデバイスに XFS ファイルシステムの作成

本セクションでは、storage ロールを使用して、複数のターゲットマシンのブロックデバイスに XFS ファイルシステムを作成する方法を説明します。

前提条件

  • storage ロールを使用する Ansible Playbook がある。

    このような Playbook を適用する方法は、「 ロールの適用」を 参照してください。

33.2.2.1. ブロックデバイスに XFS ファイルシステムを作成する Ansible Playbook の例

本セクションでは、Ansible Playbook の例を紹介します。この Playbook では、storage ロールを適用し、デフォルトパラメーターを使用してブロックデバイスに XFS ファイルシステムを作成します。

警告

storage ロールは、パーティションが分割されていないディスク全体または論理ボリューム (LV) でのみファイルシステムを作成できます。パーティションにファイルシステムを作成することはできません。

例33.1 /dev/sdb に XFS を作成する Playbook

---
- hosts: all
  vars:
    storage_volumes:
      - name: barefs
        type: disk
        disks:
          - sdb
        fs_type: xfs
  roles:
    - rhel-system-roles.storage
  • 現在、ボリューム名 (この例では barefs) は任意です。storage ロールは、disks: 属性に一覧表示されているディスクデバイスでボリュームを特定します。
  • XFS は RHEL 8 のデフォルトファイルシステムであるため、fs_type: xfs 行を省略することができます。
  • 論理ボリュームにファイルシステムを作成するには、エンクロージングボリュームグループを含む disks: 属性の下に LVM 設定を指定します。詳細は「 論理ボリュームを管理する Ansible Playbook の例」を 参照してください。

    LV デバイスへのパスを指定しないでください。

関連情報

  • storage システムロールで使用されるパラメーターの詳細は、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイルを参照してください。