Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

42.3.4. kdump のデフォルト障害応答の設定

デフォルトでは、kdump「kdump ターゲットの設定」 で指定された出力先で vmcore ファイルを作成できず、システムが再起動し、プロセス内でダンプが失われます。この場合は、以下の手順を実施します。

前提条件

  • kdump要件 を満たしている。

手順

  1. root で、/etc/kdump.conf 設定ファイルの #failure_action の行頭にあるハッシュ記号 ("#") を削除します。
  2. 「対応しているデフォルトの障害応答」 の説明に従って、値を希望のアクションに置き換えます。以下に例を示します。

    failure_action poweroff