Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

26.3.10. システム全体の暗号化ポリシーをオプトアウトする IPsec 接続の設定

接続向けのシステム全体の暗号化ポリシーのオーバーライド

RHEL のシステム全体の暗号化ポリシーでは、%default と呼ばれる特別な接続が作成されます。この接続には、ikev2 オプション、esp オプション、および ike オプションのデフォルト値が含まれます。ただし、接続設定ファイルに上記のオプションを指定すると、デフォルト値を上書きできます。

たとえば、次の構成では、AES および SHA-1 または SHA-2 で IKEv1 を使用し、AES-GCM または AES-CBC で IPsec (ESP) を使用する接続が可能です。

conn MyExample
  ...
  ikev2=never
  ike=aes-sha2,aes-sha1;modp2048
  esp=aes_gcm,aes-sha2,aes-sha1
  ...

AES-GCM は IPsec (ESP) および IKEv2 で利用できますが、IKEv1 では利用できません。

全接続向けのシステム全体の暗号化ポリシーの無効化

すべての IPsec 接続のシステム全体の暗号化ポリシーを無効にするには、/etc/ipsec.conf ファイルで次の行をコメントアウトします。

include /etc/crypto-policies/back-ends/libreswan.config

次に、接続設定ファイルに ikev2=never オプションを追加してください。

関連情報