Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.5.5. clearpart

キックスタートコマンドの clearpart は任意です。新しいパーティションを作成する前に、システムからパーティションを削除します。デフォルトでは、パーティションは削除されません。

構文

clearpart OPTIONS

オプション

  • --all - システムにあるすべてのパーティションを消去します。

    このオプションを使用すると、接続しているネットワークストレージなど、インストールプログラムでアクセスできるディスクがすべて消去されます。使用する場合は注意が必要です。

    clearpart が保持するストレージを消去するのを防ぐには、--drives= オプションを使用し、クリアするドライブのみを指定するか(キックスタートファイルの %post セクションなど)、ネットワークストレージへのアクセスに使用するカーネルモジュールをブロックリストします。

  • --drives= - ドライブを指定してパーティションを消去します。次の例では、プライマリー IDE コントローラーの 1 番目と 2 番目のドライブにあるパーティションをすべて消去することになります。

    clearpart --drives=hda,hdb --all

    マルチパスのデバイスを消去する場合は、disk/by-id/scsi-WWID の形式を使用します。WWID はデバイスの World-Wide Identifier になります。WWID が 58095BEC5510947BE8C0360F604351918 のディスクを消去する場合は次のようにします。

    clearpart --drives=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918

    マルチパスのデバイスを消去する場合はこの形式が適しています。ただし、エラーが発生する場合は、そのマルチパスデバイスが論理ボリューム管理 (LVM) を使用していなければ、disk/by-id/dm-uuid-mpath-WWID の形式を使用して消去することもできます。WWID はデバイスの World-Wide Identifier です。WWID が 2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017 のディスクを消去する場合は次のようにします。

    clearpart --drives=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017

    mpatha などのデバイス名でマルチパスデバイスを指定しないでください。このようなデバイス名は、特定のディスクに固有の名前ではありません。インストール時に、/dev/mpatha という名前のディスクが必ずしも期待したディスクを指すとは限りません。したがって、clearpart コマンドを使用する際は、間違ったディスクが対象となる可能性があります。

  • --initlabel - フォーマット対象の全ディスクで、デフォルトのディスクラベルを作成してディスクを初期化します。たとえば、x86 の場合は msdos になります。--initlabel によりすべてのディスクが処理されてしまうため、フォーマット対象のドライブだけを接続することが重要です。

    clearpart --initlabel --drives=names_of_disks

    以下に例を示します。

    clearpart --initlabel --drives=dasda,dasdb,dasdc
  • --list= - 消去するパーティションを指定します。このオプションを使用すると、--all および --linux のオプションは無効になります。異なるドライブをまたいで使用できます。以下に例を示します。

    clearpart --list=sda2,sda3,sdb1
  • --disklabel=LABEL - 使用するデフォルトのディスクラベルを設定します。そのプラットフォームでサポートされるディスクラベルのみが設定できます。たとえば、64 ビットの Intel アーキテクチャーおよび AMD アーキテクチャーでは、msdos ディスクラベルおよび gpt ディスクラベルが使用できますが、dasd は使用できません。
  • --linux - すべての Linux パーティションを消去します。
  • --none (デフォルト) - パーティションを消去しません。
  • --cdl - LDL DASD を CDL 形式に再フォーマットします。

備考

  • sdX (または /dev/sdX) 形式でのデバイス名がシステムの再起動後に維持される保証がないため、一部のキックスタートコマンドを複雑にします。コマンドがデバイスノード名を呼び出す際には、代わりに /dev/disk からのアイテムを使用できます。以下に例を示します。

    part / --fstype=xfs --onpart=sda1

    以下のいずれかのようなエントリーを使用します。

    part / --fstype=xfs --onpart=/dev/disk/by-path/pci-0000:00:05.0-scsi-0:0:0:0-part1
    part / --fstype=xfs --onpart=/dev/disk/by-id/ata-ST3160815AS_6RA0C882-part1

    上記の手順により、コマンドは常に同じストレージデバイスをターゲットとします。これは特に大型のストレージ環境で便利なものです。ストレージデバイスを連続 的に参照するさまざまな方法は、『 ストレージデバイスの管理 』の「永続的な命名属性の概要 」を参照してください。

  • clearpart コマンドを使用する場合は、論理パーティションには part --onpart コマンドは使用できません。